Portfolio News

オランダニュース

News オランダ、受刑者の減少で8ヶ所の刑務所を閉鎖
2009-06-03 17:51 (水曜日)
オランダは受刑者の減少により8ヶ所の刑務所を閉鎖する計画。しかし、これは犯罪が減ったわけではなく、刑務所に行く犯罪者の数が減っただけであるという。
現在オランダの刑務所は総数で14000人収監できるが、実際には12000人程度が拘留されており、この数は減少の傾向にある。
受刑者の数の減少の裏には、法律の改訂と海外での受刑者の増大がある。

2001年から、裁判所は軽犯罪では刑務所に送る代わりに社会奉仕を課すことができるようになった。これにより、年間10億ユーロかかる刑務所での大幅なコスト削減が実現した。懲役期間の減少も同様である。
また過去には中南米からのドラッグ密輸での受刑者が多かったが、最近では出国の際の検査が厳しく行われるようになって南米の現地で捕まる犯罪者が多くなった。これもオランダでの受刑者減少の背景にある。
しかしながら、この政府案には犯罪者を野放しにしているといった反対の声も多い。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。