Portfolio News

オランダニュース

News オランダ、若者の10人に4人が金融危機を実感
2010-03-09 08:27 (火曜日)
火曜日に発表された「若者と家族」担当大臣ラウフット氏がまとめた調査結果によると、15歳から22歳の若者の約半数が自分の親が経済危機の影響を受けていると感じている。さらに10人に4人は自分たちもその影響を受けていると答えている。

3分の2の青少年は不況でもお金の使い方は以前とは変わっていないが、3分の1は財布のひもを絞めているいるという。4分の1は経済はすぐに回復すると考えているが、10人に6人は経済回復は2011年以降になると予想している。
さらに若者は銀行などの金融機関に対し非常に批判的であり、金融機関は今回の金融危機で学んだはずと考えているのは5人に1人にすぎない。

労働市場に対しても悲観的で、よくなると答えているのは8%のみ。80%の青少年は回復は2011年以降になりそうだと考えている。半数近くが、自分が望んでいる仕事を見つけるのは難しいと答えている。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。