Portfolio News

オランダニュース

News 花粉症のシーズンは例年より遅く6月から
2010-05-28 09:09 (金曜日)
花粉症に悩まされる人は今年は例年より症状が軽いと考えている人が多い。しかし残念ながらライデン大学病院とへルモンドのエルケリク病院の調査によれば、今年はまだほとんど花粉が空気中に混ざっていないらしい。
寒い冬が長く続いたのと5月には雨が多く寒い日々が続いたため、花粉が大気中に漂うのは例年より3週間遅くなる。

「例年では5月の初めごろから涙目や鼻づまり、くしゃみ、かゆみなどの花粉症を訴える人が増える。しかし今年は6月の初めから花粉症のシーズンが始まる」をワーヘニンゲンの生物学者。

花粉症のシーズンには1立方メートルの空気中に平均20から数100個の花粉が含まれる。しかし5月27日の検査ではまだ1立方メートルに16個しか含まれていない。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。