Portfolio News

オランダニュース

News 映画「腐った心を持ったモハメッドの野蛮な人生」を制作する極右ウィルダース氏の支持率下がる
2011-04-03 20:46 (日曜日)
極右反イスラムのPVV党が失う2議席は与党の右派リベラルVVD党に移行した。極右PVV党の支持者はウィルダースの政策には賛成するがイスラム教を侮辱し攻撃する映画「Fitna」は支持したくない、と世論調査会社。PVV党に再度投票すると答えた支持者は79%に下がった。これは2006年以来最低のレベルである。

以前行われた世論調査では、PVV党は150議席のうち24議席を保つという結果が出ていた。しかし、4月1日にウィルダース氏が「腐った心を持ったモハメッドの野蛮な人生」を描いた「Fitna II」を2012年に公開すると発表したとたんに、PVV党の支持率は下がった。58%のオランダ人はこのような映画の公開は世界におけるオランダのイメージを下げるものと答えてる。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。