Portfolio News

オランダニュース

News ウィルダース氏のイスラムに関する本、米国で出版予定
2011-10-03 10:19 (月曜日)
オランダの反イスラムで極右の自由党(PVV)党首であるウィルダース氏は、現在イスラム教の歴史に関する本を執筆中である。出版社Novumによれば、同書は2012年4月に米国で初出版され、その後他国で出版されるる予定。
本のテーマは「イスラムの本質」ということで、世界におけるイスラム化を阻止する戦いについて扱う。大衆迎合政治家であるウィルダース氏によればイスラムは宗教ではなく、単なるイデオロギーだという。「イスラムは憎しみ、破壊、征服のイデオロギーである。そしてイスラムは西欧社会の価値観、言論の自由、男女平等、ヘテロかゲイ、信仰に対する脅威である。」と述べている。

この本はウィルダース氏の2作目となる。1作目は自伝ともいえる「自由の選択」という本であった。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。