Portfolio News

オランダニュース

News オランダ選挙戦、労働党が保守のVVDに迫る勢い
2012-09-08 09:39 (土曜日)
9月12日に総選挙を控えるオランダでは選挙戦真っ盛りである。最新世論調査結果によると、サンソム党首の強力なディベート能力を背景に労働党の支持率は初めて社会党を上回り、保守第一党のVVD党に接近した。ただ、有権者の3分の1はまだ支持政党を決めていないため、これが選挙結果に反映されるかは不明。

より広範な欧州統合を支持する労働党は、ルッテ首相のVVDを支援して、ユーロ圏の救済策と救済基金の拡充を承認する上で議会の過半数を確保するなど、VVDにとっては重要な協力者だ。労働党の選挙で大幅に議席を伸ばせば、同党とVVDが連立を組むのが容易になる可能性があるこれに対しこれまでの世論調査では2位であった社会党は、反ユーロの立場をとる。

労働党サムソム党首は元グリーンピース活動家で核物理学者。福島の原発事故の際にも連日テレビでコメントを述べていた。一般にオランダの政治家はディベートが得意だが、サムソム氏のディベート力は群を抜いており選挙民をひきつけている。

 
 
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。