Portfolio News

オランダニュース

News KLMオランダ航空、肥満女性搭乗拒否で訴訟される
2012-11-27 12:46 (火曜日)
KLMオランダ航空は、先月肥満の女性の搭乗を拒否したとし、米国で訴訟されることになった。
この女性は搭乗を拒否されたため病院に間に合わず死亡したという。この女性の夫は、KLMと他の航空会社2社に対し600万ユーロ(約6億円)の賠償請求をしている。女性(56)がハンガリーでの休暇からニューヨークへ戻るときに、KLMが肥満のためシートベルトが着装できないという理由で搭乗を断った。女性は2席分を購入していたが、それでも体重が重すぎるとしてKLMは拒否したという。

搭乗拒否により、病院への搬送が遅れたためこの女性が死亡したというのが、夫の言い分である。KLMによれば、この女性は太り過ぎで通常の座席2座席を使ったとしても、席には収まらなかったはずだと述べている。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。