Portfolio News

オランダニュース

News 美術館泥棒の容疑者の女性(19)逮捕
2013-03-04 15:56 (月曜日)
昨年10月に、ロッテルダムの美術館クンスト・ハルにてモネ、ピカソ、マティス、ゴーギャンといった印象派作品が盗まれたが、この犯人のひとりと見られる19歳のルーマニア人の女性がロッテルダムで逮捕された。

この女性は盗難事件のあとマチスとピカソなどを所持していることに疑惑がかかっていた。警察によれば、絵画はまずこの女性の家(ロッテルダム)に運ばれ、額縁を外し保存されていた。
この女性は今年の1月にルーマニアで逮捕された28歳の男の恋人だといわれている。この男と他のルーマニア人2人(23歳と25歳)はルーマニアで拘置されている。

昨年10月にクンストハルを襲撃し盗んだ7点の絵画の価値は約1億ユーロ(80億円)と見積もられている。ただ、先週末に容疑者の男の母親が息子を守るために2点は焼却してしまったと述べている。しかしこの真偽はまだ確認されていない。

この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。