Portfolio News

オランダニュース

News ブリュッセル空港の荷物管理会社のスト、異例の長さに
2013-05-15 10:12 (水曜日)
ブリュッセル空港の荷物管理会社スイスポートのストライキは木曜日で異例の5日目に突入しているが、ベルギー政府とブリュッセル空港は、空港営業を続けている。 運輸大臣メルヒオール・ワツレット氏と空港の管理側は、契約によりスイスポートの荷物運搬用の機器などを押収するという異例の措置をとった。

スイスポートの幹部側と労働組合側が仕事の軽減に関する紛争に関して水曜日にようやく合意に達したにもかかわらず、現在もスタッフがストを継続していることを受けこの措置が取られた。仕事に戻ることを拒否したスイスポートスタッフは駐機場やセキュリティゾーンへの出入りを禁止されている。

政府と空港側は、ベルギー最大の空港でのこの一種の事業妨害に対し罰金を科すと厳しく通達している。空港の基盤となる管理部分への侵入や通常運営を妨害するような行為には罰金が科されることになっている。ブリュッセル空港によるとこれらの措置が取られること自体異例だが、5日目に突入したストによるイメージダウンと膨大な経済被害を考えると必要性が生じると述べている。

現在2万個以上のスーツケースが未処理のままブリッセル空港内に放置され山積みになっている。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。