Portfolio News

オランダニュース

News 閉鎖に追いやられた飾り窓の従業員、ユトレヒト市に補償要請
2013-07-31 07:41 (水曜日)
ユトレヒト市では先週、性産業の集まるサンドパッドとハードボレン通りの売春宿と売春ボートの強制閉鎖を行った。市はこの地域での強制労働や人身売買の疑惑からこの閉鎖に踏み切ったもの。
これに対し、職を失った売春婦たちが市に対し収入の補償を要求し、ユトレヒト市ウォルフセン市長に書簡を送っている。「市の決定により営業が阻害され収入を失うことになった自営業者に補償を支払うべき。」

売春婦などからなる閉鎖反対団体は、市長に対し代替策を即刻講じるよう嘆願している。たとえば、閉鎖された飾り窓やボートを市が代替わりしオーナーとなり売春婦たちが新規に営業できるようするか、性産業従事者に資金を貸し出し新規営業ができるようにするなど。
団体は来週にも市当局と話し合いを持つ予定。

この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。