Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 原油安にもかかわらず、オランダ国内のガソリン価格さほど下がらず
原油価格はかなり下降したが、オランダ国内でのガソリン価格はほとんど下がらない。7月の原油価格は昨年同時期に比べ約半分近く下降したが、ガソリン価格の下落は5.1%に過ぎない。この不均衡はガソリンにかかる税金と弱いユーロが原因である。中央統計局(CBS)によれば、「ユーロ95」ブランドのガソリンの7月の平均価格はリッターあたり1.66ユーロ。このうち燃料税が0.77ユーロと大半を占める。燃料税は固定金額なので、原油価格が下がっても変わらない。さらに消費税VATが0.29ユーロと、ガソリン価格の半分以上が税金である。
税抜きのガソリン価格は0.6ユーロ。この中には流通コストそしてガソリンスタンドのマージンも含まれている。

原油は米ドルで購入するため、ユーロ安は輸入価格に影響する。これもガソリン価格が下がらない理由である。2014年7月の原油価格は102.99ドル。2015年の7月にはこれが半分近くの51.16ドルまで下がっている。ユーロに換算すると、76.79ユーロから46.93ユーロと下げ幅は少ない。

2015-08-11

関連記事

オランダ全土でガソリン不足が目立っており、給油ができないスタンドも増えている。ガ... 続きを読む ▶
オランダでは安い無人のガソリンスタンドが増加するなか、有人のガソリンスタンドは苦... 続きを読む ▶
高速道路沿いにあるガソリンスタンドは他のスタンドより高価格であるため自家用車利用... 続きを読む ▶