Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 独ハノーバーでのサッカードイツ・オランダ親善試合、爆弾攻撃予告で中止
ドイツのハノーバーで17日予定されていたドイツ対オランダのサッカーの親善試合は爆弾攻撃の恐れがあるとして中止された。メルケル首相や閣僚らが観戦する予定だった。ハノーバー警察はドイツの国営放送NDRのインタビューで「ハノーバー市内全体が危険にさらされている」と述べ爆弾の存在を示唆した。すでにスタジアムにいた選手および観客はすみやかに会場から離れるよう要請され、これに従った。

しかし同日夜ドイツ連邦政府デメジエール内相は「スタジアムやその周辺で爆発物は見つからなかった。」と発表しスタジアムでのテロの可能性はなかったとした。会場には200人あまりのオランダ人サポーターそして、スポーツ省のスヒッパー大臣と国防省のヘニス大臣もいたが、全員会場を去りオランダへ戻っている。

11月13日129名の死者を出したパリのテロ事件後、欧州での保安警備はますます過敏そして厳重になっている。同じく17日に計画されていたベルギー対スペインのサッカー親善試合もテロ予告で事前にキャンセルされている。

2015-11-18

関連記事

地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している... 続きを読む ▶
オランダ警察は27日、銃や爆発物を使った大規模なテロ攻撃を計画していたとして7人... 続きを読む ▶
8月31日にアムステルダム中央駅で起きたアフガニスタン人(19)による刺傷事件は... 続きを読む ▶
アムステルダムの中央駅で8月31日、男が近くにいた2人を刃物で刺し重傷を負わせた... 続きを読む ▶
オランダの中学、高等学校の4分の1は、学校旅行の行き先に過去テロのあった都市は避... 続きを読む ▶
「オランダの情報・諜報機関である情報安全局(AIVD)は過去6年間に4件のテロの... 続きを読む ▶
水曜日夜、ロッテルダムのコンサート会場「マースシロ」の付近でバンを運転していたス... 続きを読む ▶