Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ下院議長にモロッコ出身女性議員が選出される
13日夜行われたオランダ下院議長選挙で、労働党のカディジャ・アリブ氏が選出された。アリブ氏のほかに、中道右派VVD党、キリスト教民主党、極右PVV党の議員が立候補したが、国会での討論のあと過半数の支持を得てアリブ氏が選出されたもの。

議長としての資質が問われる討論では、指導者としての経験などが質疑されたが、極右反イスラムのPVV党はモロッコ出身のアリブ氏のオランダ語のアクセントを誹議。VVD党は英語とフランス語の能力を質問した。アリブ氏は、フランス語は堪能であるが英語については「(ネイティブレベル)のティマーマン元外相には及ばないが、(怪しげな英語と暴言で知られるマンチェスター・ユナイテッド監督の)ルイ・ファン・ハールほどひどくない。」と答え、ユーモアがある一面を見せた。

カディジャ・アリブは1960年にモロッコで生まれる。15歳のときに出稼ぎ労働者として働く父親とともにオランダに移住。1998年から労働党議員として、人種問題、差別問題、女性蔑視、家庭内暴力、青少年非行問題などに取り組んできた。アリブ氏はモロッコとオランダの二重国籍を所持しており、モロッコ国王の諮問委員も務めていることで、反イスラム政党からは非難の対象となっている。
オランダにはモロッコ出身の政治家が数人いるが、その中でもロッテルダム市長のアハメッド・アブタレブ氏や緑の党の代表である29歳のイェス・クラーファー氏が傑出した政治家として人望を集めている。
(写真:Parlement & Politiek)
2016-01-14