Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

イベント情報 女性のための か・ら・だの会 
テーマ 『おなかの力を取り戻す~元気の素はおなかにあります~』
内容   ヨガのポーズとマッサージなどの手当て
目的  1) 自分の体の変化を体感することで、健康は自分で育てられることを実感する
    2) 筋肉ケアの正しい方法を知る。ついでに、筋トレの危険性も知る
    3) ほとんどの内臓を収めた『おなか』、上体と下肢をつなぐ『骨盤』の働きを知ってセルフケアを身につける
参加条件 女性に限ります。年齢や運動暦、健康度は問いません。ヨガマットをお持ちならご持参下さい

日時・会場 
4月24日(日)12:30-15:00、Move Along Studio, 2e Pijnackerstraat 13, Rotterdam
料金   30ユーロ (4/18 までに振り込みの場合は25ユーロに割引)    
定員   12人 事前申し込みが必要です。
お問い合わせと申し込み karadarotterdam@gmail.comまで

同内容のワークショップが5月7日 (土)14:00 - 17:00にロッテルダム・セントラムの別会場であります。
申し込み詳細 (英語) http://www.yogamaya.nl/index.php/mothers-day-special-yoga-for-womens-health/?lang=en
不明の点は karadarotterdam@gmail.comまでお問い合わせください。

指導する人 小出久美(助産師・クラームゾルフ・母子フィジカルサポート研究会会員)
    遠藤さと(ヨガインストラクター)

[ワークショップについて]
  おなかの中には、ほとんどの臓器が納まっています。消化・吸収・代謝・免疫と、からだを作り、命を守る働きが、ここで行われています。『腹の据わった』、『腹が立つ』、『腹に一物』など、人の感情や、様子を表現するときに『はら=おなか』という言葉がしばしば使われます。おなかの状態が、その人の印象にそれだけ大きい影響を与えるのですね。
  からだの中心に位置する、そんな大切な『おなか』が今回のテーマです。
  内臓を守るおなかは筋肉でできています。内臓そのものも、筋肉です。さらには、血管も筋肉でできています。上等な筋肉とはどんなものかを知って、正しいケアの仕方を身につけることは、健康を自分で育てる第一歩です。
  内臓を収めるスペースとしての『おなか』は、十分なゆとりをもつ必要があります。
しかし、運動不足や悪い姿勢のために筋肉が弾力を失い、骨格を歪め、窮屈なおなかの女性が増えています。内臓が狭い場所に押し込められた状態を想像してください。動きも制限されるし、血管だって圧迫されて血の巡りが悪くなる。そんな状態で十分な機能が発揮されるでしょうか?
  のびのびしたおなかは、美しい姿勢にもつながります。このワークショップでは、女性の健康に視点を合わせたマッサージとヨガのポーズを実習します。全身の骨格をリラックスさせ、日常のストレスや生活の乱れから緊張しがちなお腹を緩めます。忙しい生活を送っている自分へのごほうびとして、深いくつろぎを体感しませんか。

2016-04-03