Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダにおける日本国籍者の労働許可について (NFIA)
日本国籍者のオランダでの労働許可について、オランダ経済省企業誘致局(NFIA)から以下の様な発表がありました。

1875年施行の「スイス/オランダ二国間条約」の見直しがこのほど行われ、同条約の協定条項が無効となります。1912年施行の「日本/オランダ二国間条約」において、最恵国待遇条項に関しては上記の「スイス/オランダ二国間条約」を根拠としていました。したがって今回、根拠となる条約が無効となることで最恵国待遇条項が存在しないことになります。

オランダ経済省企業誘致局(NFIA)としては大変に残念に思いますが、これにより日本国籍者は今後、労働許可の取得を要する状態に戻ることになります。ちなみに現在、最恵国はアメリカ合衆国ですが、その国民も労働許可の取得を要しています。

オランダ移民局(IND)の発表によれば、2016年10月1日施行としていますが、政府内では実施およびその影響についての協議が継続中で、現時点ですべてが明確ではありませんが、近々判明の予定です。最新情報については、NFIAのウェブサイトおよびツイッターアカウント(@NFIAJapan)をご参照ください。

オランダ移民局の発表:https://ind.nl/organisatie/nieuws/Paginas/Japanners-moeten-vanaf-1-oktober-2016-een-tewerkstellingsvergunning-aanvragen.aspx



2016-06-22

関連記事

蘭通商航海条約に関する2014年12月24日付け国家諮問評議会の決定により、日本... 続きを読む ▶
 日蘭通商航海条約に関する2014年12月24日付け国家諮問評議会の決定により、... 続きを読む ▶
7月15日オランダ経済省企業誘致局(NFIA)が発表したニュースの抜粋です。 続きを読む ▶
2014年12月24日の国家諮問評議会の判決(※1)を受けて、在オランダ日本国大... 続きを読む ▶
オランダのメディアによれば、オランダと日本が1912年に結んだ条約の下、日本人は... 続きを読む ▶