Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 英国EU離脱でオランダ政界、経済界失望を隠せず
23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票は、「離脱」という結果となった。24日朝、ブリュッセルのEU本部に向かう途中、オランダのルッテ首相は報道陣のインタビューを受け、「結果に失望した。離脱による経済の影響を最低限に抑えるため英国とEUは努めなければならない。」と答えている。オランダは6月末までEUの議長国である。

オランダの政界で英国のEU離脱決定を歓迎したのは、反イスラム、反EUを掲げる極右の自由党(PVV党)。党首のウィルダース氏は「オランダもできるだけ早い時期に国民投票を」と意気込んでいる。社会党(SP)もEU懐疑派ではあるが、国民投票は否定している。これ以外のすべての党は、貿易立国としてオランダと盟友関係にあると信じていたイギリスのEU離脱に落胆を表明。「オランダやEUにとって(経済的、政治的に)マイナスであるだけでなく、イギリスの将来も暗い」。28カ国を抱えるEUはその規模と連帯でロシアに対抗してきたが、イギリスが脱退した今、世界政治のバランスが危うくなるという懸念も大きい。

米国、アジアに続き、24日朝の株式市場の混乱もオランダは例外ではない。アムステルダム証券市場(AEX)は取引開始直後から大暴落し、数分後にはAEX指標は8%の下落を記録している。
多くのオランダの企業そして雇用者団体は、英国のEU離脱による先行きの不確実性を憂慮している。貿易レベルでのEU離脱にはまだ時間がかかるが、「企業はできるだけ早い時期に英国の顧客企業にコンタクトし、これまでの契約が保持されることを確認したほうがいい。」と雇用者団体EVOとFENEDEX。今後英国と取引のある多くの企業は、関税や煩雑な輸出書類といった問題に直面する可能性が高い。オランダの経済への影響はhttp://www.portfolio.nl/bazaar/home/show/1422

2016-06-24

関連記事

英国のEU離脱(ブレクジット)でオランダ企業が莫大な財政的損失を被る一方、これを... 続きを読む ▶
英下院は15日夜、欧州連合(EU)からの離脱合意案を採決し、賛成202、反対43... 続きを読む ▶
オランダ各メディアは11日、日本の大手金融機関「農林中央金庫」がアムステルダムで... 続きを読む ▶
本日11日に予定されていた欧州連合(EU)との離脱合意案の採決を延期すると昨夜下... 続きを読む ▶
「イギリスのEU離脱で30-40%の資本市場がオランダに移る。これによりオランダ... 続きを読む ▶
イギリスがEUを離脱すると発表して以来、すでに13社がオランダに移転してきている... 続きを読む ▶
ロンドンに本拠地を置く国際的金融機関がアムステルダムに移転するという期待は、裏切... 続きを読む ▶