Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダのトップシェフが選ぶ世界で一番おいしい都市は?
オランダのミシュラン星レストランで働く100名のシェフが選んだ、世界で一番おいしい都市は? 答えはパリでもローマでもなく、なんと東京。旅行会社サプライズ・チケットが行った調査の結果である。トップシェフたちにとって、日本で手に入る材料の新鮮さ、安くて美味しい居酒屋、目を見張る食品売り場、レベルの高い3星レストランなど、あらゆるものが魅力的である。特に、同じ材料を使っても料理は一種類で完結せずバラエティに富んだ料理が次々に生まれるのは、シェフたちにとっては驚きの的。

東京の次に選ばれたのはニューヨーク。食の多様性が一番の理由に上がっている。ホットドッグ、チーズケーキ、パイそして手軽でおいしい料理を出すフードトラックから、超がつく高級レストランまで、ニューヨークには何でも揃っている。シェフたちはニューヨークは世界の食の首都だと口をそろえる。

さて、次にシェフたちが選んだグルメの街はスペインの北にあるサン・セバスティアン。フランスのピレネー山脈と接するバスク地方にあるこの都市の多様性にあふれる食文化は欧州のどの都市よりも素晴らしい。ミシュラン星レストランが軒を連ねているが、小さな安いレストランも絶品料理を出すという。
さてこれまで食の中心とされていたパリであるが、もう絶頂期は過ぎたというのにいまだに過大評価されている、というのが半数のオランダのシェフたちの意見。クラッシックなフレンチにこだわるあまり、あまり斬新で創造的な料理を工夫しないという。


2016-06-27