Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの年金基金、飾り窓地区のリニューアルに投資
オランダの2つの年金基金がアムステルダムの「飾り窓地区(レッドライト・エリア)」のリニューアルに6千万ユーロ(約80億円)を投資した。飾り窓と呼ばれる売春部屋やマリファナを販売するコーヒーショップの数を減らす目的でこの地区のリニューアルを進めているのは、アムステルダム市と住宅公社。この2団体が設置した投資ファンド「1012Inc」に、農業従事者とラボバンクの年金基金が35%投資している。

オランダは売春やマリファナの販売は規定に準拠する限り合法である。しかし、これを悪用し東欧からの犯罪組織がアムステルダムに大挙として集まってきたため、2007年から市を上げて飾り窓地区の「クリーン・アップ」を開始した。投資ファンド「1012inc.」は、飾り窓エリアにある133戸の改造を行い、地区をより清潔で魅力的なものに作り変えている。現在投資収益率は4%であるが、昨今の不動産価格の急上昇によりこの数値はさらに上がるものと予想される。アムステルダムは国内外からの不動産投資が急速に増加しているが、投資対象物件の不足で価格が高騰している。同投資ファンドによれば、ローリスク・ハイリターンの投資であるという。

2016-07-27

関連記事

受刑者減少で空き状態となっているアムステルダムの刑務所群「ベイルマーバーエス(B... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶
中央統計局(CBS)が本日発表した犯罪統計によれば、2015年にもっとも暴行事件... 続きを読む ▶
インターナショナル・スクールが少なく住宅費が高騰するアムステルダムを、駐在員が避... 続きを読む ▶
アムステルダム市は、難民認定の下りた難民のために1000戸の仮設住宅を新規建設す... 続きを読む ▶
オランダの不動産市場は回復した様相を示しており、2008年のリーマンショック以前... 続きを読む ▶
オランダにやってくる難民はまず難民センターと呼ばれる場所に一時的に収容される。そ... 続きを読む ▶