Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダでバックフィーツ(前荷台付き自転車)戦争?
自転車の前の部分に大きな箱がついた自転車バックフィーツ(Bakfiets)は、複数の子供を乗せて移動するのにオランダで大人気である。バックフィーツ(カーゴバイク)は、もともとは荷物運搬用に利用されていたものだが、改造を重ね子供の移動に使われるようになった。この子供運搬用バックフィーツのマーケットリーダーであるバブー社(Het Amersfoortse Babboe)が、競合のヨーロッパ・サイクル社を相手取って訴訟に出た。ヨーロッパ・サイクル社の「トロイ」の形状がバブー社のものに酷似しているというのが訴状である。

オランダでは前部に大きな箱型荷台をつけた自転車は年間数千台売れており、その形状もいろいろ。単なる箱型のものからフードトラックのミニ版まで千差万別である。しかし、バブー社によれば、「トロイ」はフレーム構造からデザインまでバブー社の模倣なのだとか。

バックフィーツはアクセサリーなしで1000ユーロ(約12万円)と高価で、さらにオプションを追加するとかなり高額になる。所有者の多くは市街の高級住宅地域に住む若い人たちで、アムステルダム南地区やロッテルダムのヒレガースベルグ地区で多く見かける。

2008年に製造開始したバブーは、アジアで組み立てパッケージを製造し、オランダで組み立て販売という方法で、これまでの手作り高額製品よりも安い価格で提供している。これに対しヨーロッパ・サイクルはトルコの自社工場で製造、さらに低価格で販売している。


2016-08-05

関連記事

エアBnBやウーバーといったシェアリング・エコノミー、オランダでは自転車にも波及... 続きを読む ▶
自転車王国オランダ。その中で最も自転車に優しい都市はユトレヒトという調査結果が、... 続きを読む ▶
毎年5月3週間に渡って行われる自転車のロードレース「ジロ・デ・イタリア」で、今年... 続きを読む ▶
自転車王国オランダでの自転車販売台数(2016)が1987年のレベルまで落ち込ん... 続きを読む ▶
オランダでは携帯電話でゲームやソーシャルメディアやメールをしながら器用に自転車を... 続きを読む ▶
オランダの北部フリースラント州のレーウワルデンとスティレンス間で、使用済みのトイ... 続きを読む ▶
オランダでは時速25km以下の原付きバイクやスクーターは、ヘルメットなしで自転車... 続きを読む ▶