Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News レストランで余った食事をスマホで注文
レストランで余った食事をスマートフォンのアプリを使って破格で注文できる。フィンランドの企業レスキュークラブ(ResQ Club)が始めたサービスがオランダに上陸した。まずは来週からアムステルダムのレストランで始まる。

レストランで残った食材や食事の廃棄は経済的な損失だけでなく環境への負荷となる。これを解決すべきフィンランドのパーキンネン氏がこのレスキュークラブを起こし、今年の1月からすでに4万食が販売されるという実績を収めた。これが廃棄されていれば350トンの温暖化ガスが発生したと試算している。オランダの飲食業界でも食品の廃棄は憂慮すべき問題で、ワーヘニンゲン大学の調査によれば年間5100万トンが捨てられているという。レスキュークラブはフィンランド、スエーデン、エストニアですでに広まっており、今後オランダでの拡大が期待される。

来週から始まるアムステルダムでのサービスに参加表明したのは15軒のレストラン。ターゲットグループは、市街地に働いて居住する人たちで、仕事が遅くなったときなどテイクアウトするのが便利である。スマートフォンのアプリで、どのレストランやカフェで何が買えるかがひと目でわかり、その場で注文、購入できる仕組み。価格は平均で通常の半額程度だという。

2016-08-18

関連記事

オランダ大手スーパーチェーン、アルバート・ハインは、同社食品群から砂糖の含有量を... 続きを読む ▶
オランダ政府は食品の廃棄を減らすよう呼びかけているが、2010年に一人あたり48... 続きを読む ▶
米食品大手のクラフト・ハインツは17日、食品・日用品大手の英蘭ユニリーバに買収を... 続きを読む ▶
最近のオランダの食品業界では、従業員5人以下の小さな工場で生産される(手作り)食... 続きを読む ▶
オランダにおける食品偽装問題はまだ根強いようだ。消費者連盟(Consumente... 続きを読む ▶
オランダ食品管理局(NVWA)は衛生基準にそぐわないレストランを近々公表すると発... 続きを読む ▶
「オランダで売られている子供向け飲料に含まれている砂糖はコーラ並かそれ以上である... 続きを読む ▶