Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News ティルブルグ市、医療用大麻の栽培許可
オランダのティルブルグ市の市長は、一定の条件の下で医療用大麻を家庭で栽培するのを許可すると発表した。「医療大麻を使用する患者のグループ(PGMCG)」へこれを書簡にて表明したもの。PGMCGの会長はこの決定を歓迎している。オランダでは基本的には大麻の栽培は違法である。しかし個人使用のための大麻の栽培は5本までは暗黙の了解で許可されており、刑罰の対象とはならない。しかし、医療目的で栽培を行っている患者の中には、警察や住民から苦情を受ける人も少なくなく、中には3本を栽培しただけで借家から退去させられている人もいる。今回市長が公式に許可したことで、患者たちは問題なく栽培を行うことができることになった。

家庭での栽培は、本数(5本)の限度だけでなく、医療用に使用するという医師の証明書、未成年ではないこと、そして火災の問題がないことが条件。現在医療用に使用するマリファナは処方箋つきで薬局で購入すると1グラムあたり7ユーロ。通常のコーヒーショップでは17−18ユーロと高く、患者は入手に苦労しているという。PGMCGはティルブルグ市の決定が全国規模で取り上げられることを希望している。今年の初め、アムステルダムの地裁で、HIV患者が医療目的で大麻栽培するのを合法だという判決を下している。

2016-09-13

関連記事

オランダでは「コーヒーショップ」と呼ばれる許可店舗での少量の大麻販売は容認されて... 続きを読む ▶
大麻の栽培は政府の管理下にある畑地でのみ許可されるべき、という新法案が22日の国... 続きを読む ▶
オランダの393の市町村が加盟する地方自治体連盟(VNG)は、大麻の販売、使用そ... 続きを読む ▶
オランダで発生する火災の70%以上が室内での大麻栽培が原因である。サルベージ協会... 続きを読む ▶
電力供給会社Stedinによると、アムステルダム、ハーグ、ロッテルダムなどの都市... 続きを読む ▶
ベルギー国境に近いテルネウゼンにある「チェックポイント」というマリファナを販売す... 続きを読む ▶
オランダ南部ブラバント州のティルブルグ市では大麻の違法栽培が大規模に行われており... 続きを読む ▶