Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News サッカー場の人工芝は健康に害?!
「ゴム顆粒を含む人工芝のサッカー場でのプレーは、健康に害を及ぼす可能性がある。」昨日放映されたオランダのテレビ番組「Zembla」でのインタビューで、科学者たちはさらなる調査の必要性を訴えた。すでに米国そして英国では、ガンにかかったサッカー選手たちと人工芝を関連付けている。

人工芝に使用されるゴム顆粒は古いタイヤから作られる。古タイヤは発がん性物質であることは知られている。
2015年に欧州委員会は古タイヤに含まれる発がん性物質についての基準を定めようとしたが、タイヤメーカーのロビー活動でこの基準制定は2017年まで延長されている。もしこの基準が設定されていたら、現在のゴム顆粒に含まれる発がん性物質含有量は高すぎということになる。しかし、オランダの国立衛生研究所(RVVM)は、2006年に独自に行なった調査で、人工芝は健康に害はないと結論づけている。

オランダサッカー協会(KNVB)もこの調査結果を真摯にとらえ、さらなる研究を進めて欲しいと希望。人工芝を使用するサッカー場は2007年の300場から増え続け、現在約2000場を数える。サッカー協会は、ゴム顆粒の代わりにコルクチップを撒くなどの、代替品の導入も検討している。

2016-10-05

関連記事

6日オランダのエンスヘーデで行われた欧州女子サッカー決勝戦で、オランダは4対2で... 続きを読む ▶
11日フランスのリヨンで行われたサッカー欧州リーグの準決勝戦で、アムステルダムの... 続きを読む ▶
11日(木)夜、オランダ人の多くがテレビやPCに釘付けになるはずだ。ウクライナの... 続きを読む ▶
サッカーの欧州リーグは3日、アムステルダムで準決勝第1戦の1試合が行われ、アヤッ... 続きを読む ▶
21日行われたサッカーのアヤックス対ウィレムIIで、世界初のビデオ審判が採用され... 続きを読む ▶
伝説のサッカー選手、ヨハン・クライフ氏 (68)が3月24日バルセロナにて家族に... 続きを読む ▶
ドイツのハノーバーで17日予定されていたドイツ対オランダのサッカーの親善試合は爆... 続きを読む ▶