Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

イベント アムステルダム、バッグ美術館で「王室のバッグ展」2016年10月8日から2017年2月26日まで
何世紀にもわたって、ヨーロッパでは王室がファッション・リーダーだった。女優からモナコの王女となったグレース・ケリーが持っていたエルメスのケリーバッグはそのいい例である。現在、アムステルダムにあるヘンドリッキエ・バッグ美術館はヨーロッパの王族が使ったバッグを展示している。英国のエリザベス女王、オーストリアのシシ王妃、グレース王女、そしてオランダのユリアナ女王などのバッグである。王室のバッグは当時のファッション、エチケット、旅行の様子を偲ばせるもので、バッグ好き、ファッション好きにとっては興味深い展覧会である。
王室の旅行にはトランクは欠かせないものだった。フランスのユージニー王妃は1854年の旅行の際、トランク・メーカーのルイ・ヴィトンにトランクの製作を依頼した。それからルイ・ヴィトンは王室や上流階級の間で使われるようになったという。

この美術館では常時5000点以上のバッグを展示している。また、カフェでは本物のハイティが楽しめる。(21ユーロ)

日時:2016年10月8日から2017年2月26日まで
場所:The Museum of Bags and Purses、Herengracht 573、1017 CD Amsterdam



2016-10-10

関連記事

16日フィンセント・ファン・ゴッホが描いた未発表の画集がフランスで出版された。「... 続きを読む ▶
9月29日から2017年の1月8日まで、ハーグのマウリッツハイス美術館で「At ... 続きを読む ▶
ハーグの郊外ワッセナーに、個人のコレクションからなるフォーリンデン美術館(Mus... 続きを読む ▶
デルフトにあるプリンゼンホフ美術館では「フェルメール家に帰る」と題した展覧会を開... 続きを読む ▶
2016年1月にオランダとフランスで共同購入したレンブラントの肖像画「Marte... 続きを読む ▶
オランダはその昔グルメの国だった。17世紀黄金時代の絵画にはテーブルにあふれるば... 続きを読む ▶
6月17日からアムステルダムの写真美術館「FOAM」にて20世紀の鬼才ファッショ... 続きを読む ▶

関連過去記事

News ロッテルダム市、美術館のコレクション売却を禁止 [2013-10-01]
ロッテルダムにある民族博物館ワールドミュージアム(Wereldmuseum) は、政府からの助成金削減に対抗しコレクションの一部を民間に売却する計画をたてていた...
News オランダのゴッホ美術館、新しいゴッホの絵画発見 [2013-09-09]
アムステルダムにあるゴッホ美術館は月曜日、ゴッホ作の絵画を発見したと発表した。この作品は1888年に描かれたもので、「モンマジュールの日没」というタイトルが付け...
News アムステルダム国立美術館、900万ユーロの収入増 [2013-08-29]
今年の初めに再開したアムステルダムの国立美術館は最低でも9000万ユーロ(約110億円)の収入増となっている。このまま行けば年間では訪問者数180万人、1億30...
News ロッテルダムの美術館での絵画強奪事件、警察の怠慢も関与 [2013-08-08]
昨年10月にロッテルダムのクンストハル美術館でピカソやモネなどの印象派作品が7点強奪された事件で、アラームが鳴ってから警備員と警察は1時間以上も気づかなかったこ...
Event クレラー・ミュラー美術館75周年 [2013-07-15]
ゴッホの作品のコレクションで有名な、オランダ東部広大な敷地に建つクレラー・ミュラー美術館は7月14日に設立75周年を迎えた。これを記念し「美術館のコレクション・...
Event ハーグ市立美術館でマウリッツハイス美術館コレクション展示 [2013-06-05]
マウリッツハイス美術館は2014年の半ばまで拡張改修工事が行われているため閉鎖されている。 その間フェルメールの“デルフトの眺望”、パウルス ポッテルの“雄牛”...
Event ゴッホ美術館40周年記念「仕事をするゴッホ」展 [2013-06-05]
今年40周年を迎えたアムステルダムのゴッホ美術館では「仕事をするゴッホ展」を2013年5月1日から2014年1月12日まで開催している。 この展示ではわずか10...