Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダで開発されたイスラム女性用スポーツウェア大人気
フランスでイスラム女性が着用している水泳用水着ブルキニが禁止となり欧州中で物議を醸したことは記憶に新しい。オランダではブルキニはもちろんのこと、イスラム女性がスポーツの最中にヒジャブと呼ばれるスカーフを着用するのも問題ない。しかし、スポーツによってはこれが邪魔になることもある。そこに目をつけたシンディ・ファン・ブレーメンはスポーツ用のヒジャブやスポーツウェアを開発した。「ボタンもなく、マジックテープで簡単に着装できる。」ヒジャブである。この画期的なヒジャブは彼女の会社キャップスター(アイントホーフェン)から現在15カ国に輸出されている。

ファン・ブレーメン自信はイスラム教徒ではないが、1999年にアイントホーフェン・デザイン・アカデミーに在籍中にイスラム教徒の女生徒が体育の授業から締め出されるという事件をきっかけに、このマジックテープつきヒジャブを開発した。通常のヒジャブはピンでとめるため、激しい運動には危険だという。
その後、ファン・ブレーメンはスポーツをするイスラム教徒の女性たちの声を聞き、柔道などの格闘技を含む各種スポーツ用のウェアをデザインしている。キャップスターのスポーツウェアは世界中に広がり、今年リオ・デジャネイロで開催されたオリンピックでも、フェンシング、ビーチバレーなどでヒジャブをつけた女性たちが活躍している。またサッカーでも、ヨルダンのフセイン王子がキャップスターを推奨し、FIFAでもヒジャブを着用した女性の出場が許可されることになった。


2016-10-21