Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News KLMエア・フランス、中東系航空会社からシェアを奪回すべく新たな事業計画
KLM(オランダ)とエールフランス(フランス)が共同経営するKLM/エア・フランス社は、中東系の航空会社に奪われたシェアを取り戻すべく、新事業長期計画を打ち出すと発表した。
同社はライバルのルフトハンザと同様、格安でかつ新しい機材を提供するエミレーツ航空やトルコ航空などに乗客を大量に奪われている。これらの中東系航空会社は、これまでの欧州からドバイやイスタンブールへとハブを移している。

これに対抗するためKLMエア・フランスはコスト削減に励んできたが、格安航空会社トランサビア(KLMの子会社)の事業拡大に反対するエア・フランスによるストなどで、この削減計画は頓挫している。
そこで戦略を変更し、2020年までに10機の長距離用航空機を導入した新規子会社を設立、パイロットは自主的にエア・フランスから出向させるという計画を発表した。新航空会社のスタッフは長時間勤務が要求され、これによりコスト削減を狙う。この新規事業により、赤字線の黒字化や廃止された空路の再開が期待されている。

この事業計画によれば、2020年までに売上を280億ユーロへと増加させ、乗客数は現在の9000万人から1億人へと増える見込みである。
2016-11-03

関連記事

オランダ政府はオランダの国内経済を守るという目的で、エアフランス・KLMの株式を... 続きを読む ▶
航空会社エアフランス・KLM連合会社そしてスキポール空港の将来を懸念し、オランダ... 続きを読む ▶
オランダの消費者組合(Consumentenbond)は、KLMが採る「ノーショ... 続きを読む ▶
7月1日からKLMの長距離路線のエコノミークラスのサービスが変わる。新しいサービ... 続きを読む ▶
「欧州内の移動は飛行機ではなく鉄道を!」とKLMとオランダ鉄道NSのトップが水曜... 続きを読む ▶
KLMオランダ航空はアムステルダム国立美術館と提携し、2018年5月から6月にか... 続きを読む ▶
アムステルダムと東京そして大阪を結ぶKLMの直行便の「ワールド・ビジネスクラス」... 続きを読む ▶