Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダでまだ禁止されていない環境ホルモン、ビスフェノールAは摂取を避けるには
オランダの消費者情報番組「RADER」で、ホルモンを撹乱させるビスフェノールA(BPA)の使用がオランダではまだ禁止されていないことが取り上げられた。この物質は食品パッケージ、塗料、電子機器、おもちゃなどから検出されるもので、妊婦や乳幼児には危険であるという。またエラスムス医療センターの泌尿器科ドーレ医師は男性にも不妊をもたらすと今年の9月に発表している。
今年3月公衆衛生環境研究所(RIVM)は、ビスフェノールAのが胎児の免疫システムに影響を与える可能性があるという報告書を発表している。これを受け保健省のスヒッペルス大臣は、必要な規制を考慮すると答えていたが、いまだに実行に移されていない。フランスでは2015年から食品パッケージにビスフェノールAの使用が禁止されている。

同番組ではビスフェノールAの摂取を避ける方法を紹介している。まず食品の摂取では、食品の保存はブラスチック容器を避けできるだけガラスや陶磁器を使用すること。プラスチックの容器に入った食品を電子レンジで加熱しないこと。缶詰食品を避けることなどがあげられる。ビスフェノールAはハウスダストにも紛れているので、掃除をまめにすることや家の空気の入れ替えを頻繁に行うことが必要だという。また新しい衣料は着用する前に選択すること。傷だらけのプラスチック容器は捨てたほうがいいらしい。そのほか、ボディローション、化粧品、香水などにもこの物質は含まれているので、過度な使用は避けるべきと、同番組。


2016-11-16

関連記事

5年の歳月と273個の模型作成を経て、8日やっとこの「オーシャン・クリーンアップ... 続きを読む ▶
海洋のプラスチック汚染は深刻だ。現在海中や沿岸に浮遊するゴミの85%がプラスチッ... 続きを読む ▶
海洋プラスチックゴミと呼ばれる海洋に浮遊するプラスチックが問題となっている。海に... 続きを読む ▶
「現在行われているプラスチックごみの分別は環境保全にほとんど寄与していない。」と... 続きを読む ▶
若いオランダ人ボイヤン・スラット(21)が発明した、海洋に浮かぶプラスチックゴミ... 続きを読む ▶