Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ鉄道、今年からすべての列車が風力発電エネルギー利用に
電気で走る列車は排気ガスが少ないので環境にやさしい。オランダ鉄道(NS)のすべての列車は今年1月1日から、100%が電気列車となり、その電気の供給源も風力発電などの再生可能エネルギーにすることに成功した。

オランダ鉄道(NS)は2015年から電力会社エネコ(Eneco)と共同で列車からの排気ガスを大幅に減らす計画を実施、2018年の完了を目指した。2016年には75%が完成、そして計画より1年早い今年1月1日にはすでに100%の列車が再生可能エネルギーを使った電気で走るようになった。
オランダ鉄道の利用者は1日60万人。年間12億キロワットアワー(kWh)の電力が必要となる。これはアムステルダム市の1年間の電気消費量に相当する。この列車クリーン化計画で、遅れていたオランダの再生可能エネルギー供給も改善されるはずである。

現状、オランダでは風力発電による電力供給は年間74億kWh。2015年の風力発電利用の電気使用量は125億kWhと供給を大きく上回っているため、国外からの供給に頼っている。
ただしこの鉄道の風力発電電気計画では、オランダ、ベルギーそしてフィンランドにエネコ社が特別に建設した風力発電ファームからの電力のみを利用、このおかげで100%のクリーン電気化が計画より早く可能となった。

2017-01-08

関連記事

風車の国オランダでは、エネルギー部門でも風車の利用が高まっている。中央統計局(C... 続きを読む ▶
オランダ最大の年金基金運用会社APGは海上風力発電ファームに投資する意向があると... 続きを読む ▶
ベルギー 洋上に3ヵ所目の風力発電パークがほぼ完成、フル稼働に入る。 続きを読む ▶