Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News ルッテ首相、時期政権で「極右PPV党との連立は100%なし」と明言
オランダでは3月に総選挙が行われる。極右ポピュリストであるウィルダース氏の台頭は、米トランプ氏の当選以来世界でも注目を浴びている。現在の世論調査では150議席のうち、ウィルダースの率いる極右自由党(PPV)がトップの34議席、続いてルッテ首相の所属する自由民主党(VVD)党が24議席、キリスト教民主党15議席、D66党14議席、緑の党14議席という結果が出ている。政権を取るには議席を過半数取得せねばならないため、複数の党が連立するしかない。しかし最大の議席数を占める極右PPV党とともに連立政権を発足したいという党は皆無。さらにこれまで連立の可能性を明言していなかった自由民主党(VVD党)のルッテ首相も、昨夜日曜日「連立政権で極右の自由党(PPV)とは組む確率はゼロ」とテレビの政治討論番組で言及した。

また第3の党である左派「緑の党」の若い党首クラーフェル氏も、「どの党との連立も拒まないが、PVV党だけは別だ。」と別のテレビ番組で発言。ただ、緑の党がルッテ首相の自由民主党(VVD)と協力するとは政策の違いが大きすぎるため、これも考えられない。同様に社会党(SP)もルッテ政権との連立は避けたいと述べている。

いずれにせよ、3月の総選挙でウィルダースの極右政権が誕生する可能性はほぼないであろう。ただしPVV党の支持者がこの国で確立に増えていることは事実だ。

2017-01-16

関連記事

イスラム教徒が住民の大半を占めるブリュッセルのモーレンベーク(モーレンビーク)地... 続きを読む ▶
今年最も話題となった極右政治家ウィルダース氏は「2016年の政治家」に選出された... 続きを読む ▶
9日、オランダの反移民政策を唱える極右政治家ウィルダース氏の判決が下された。「オ... 続きを読む ▶
外国人への差別や憎悪を扇動した容疑に問われたオランダの極右政党、自由党(PVV ... 続きを読む ▶
日曜日夜に放映された「夏のゲスト(Zomergasten)」という長いインタビュ... 続きを読む ▶
英国民投票でEU離脱派が勝利したことを受け、極右PVV党のウィルダース氏がオラン... 続きを読む ▶
オランダ検察は反イスラム極右政治家のウィルダース氏を差別とモロッコ人に対するヘイ... 続きを読む ▶