Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News KLMオランダ航空、トランプ大統領の禁止令を受け、米国行フライトで7人を搭乗拒否。
オランダ航空KLMは、28日トランプ大統領によるイスラム教徒の米国入国拒否決定を受け、米国行き便に搭乗予定だった7人の乗客を拒否した。拒否された7人はいずれも米国のビザを持っている。このうち2人はスキポール空港から、5人は他の空港からの搭乗予定だった。KLMによれば、米国での入国拒否される可能性が高いため、搭乗を控えてもらうことにした。KLMは乗客の最初の搭乗地点までの費用は支払う発表している。

トランプ大統領は28日、イラン、イラク、ソマリア、スーダン、シリア、リビア、イエメン国籍所持者の米国入国をテロ対策という名目で3ヶ月間禁止した。米国での永住権(グリーンカード)所持者でも、上記出身国者の入国は不可能だ。さらに難民も数ヶ月間は入国は禁じられることになった。現在アメリカの各空港では拘束や送還された人が相次いでいる。中には10年以上アメリカの政府機関で働いていたイラク人なども含まれているという。
KLM以外の欧州各国航空会社、そしてカタール航空やエジプト航空などでも上記7か国の乗客搭乗拒否を実施している。

2017-01-29

関連記事

オランダの人口は増加が続いており、第3四半期までで今年は8万人増加した。中央統計... 続きを読む ▶
オランダへの移住者はEU市民以外は市民化試験(Inburguringsexam)... 続きを読む ▶
3月15日に行わられる総選挙前の党首による第一回討論会が、アムステルダムのカレ劇... 続きを読む ▶
「今後オランダが経済発展を続けるには、海外からの優秀な人材確保が不可欠である。」... 続きを読む ▶
押し寄せる難民や経済移民に対するヨーロッパの住民感情は、両手を広げ歓迎する層と不... 続きを読む ▶
オランダ中央統計局(CBS)が18日に発表した報告によれば、来年の前半にはオラン... 続きを読む ▶
ウィルダース議員が率いるオランダ極右反イスラム政党である自由党(PVV)が支持を... 続きを読む ▶