Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 「極右PVV党支持と教育の相関性が他の要因と比較し最も高い」FTによる分析
欧州のポピュリズムの行方を問う3月15日に行われるオランダの総選挙。反移民、反イスラム、反EUを掲げる自由党(PVV)の支持率が世界の注目の的となっている。一時、150議席のうち38議席を獲得し第一党となるという世論調査の結果も出たが、最新の数字は22議席と下がっている。しかしながら、米国の大統領選挙や英国のEU離脱国民投票と同じく、蓋を開けてみるとポピュリズムの勢いが優勢だったという事実もあるので予想は難しい。

3月2日に発表された英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の調査分析によれば、PVV党支持と教育程度の相関性が非常に高いことがわかった。これまで、移民の数とPVV党支持者数の相関性が取りざたされていたが、実際には相関性はそれほど高くない。たしかに移民の割合が高いロッテルダム市でのPVV党支持者は多いが、同じように移民が多いアムステルダムでの支持者は少ない。

中等教育や職業教育を中途でやめた人のPVV支持者は多い。FTの調査では学歴と極右政党支持の相関性が、他の要因(都市部か地方、移民の割合、年齢など)に比較すると圧倒的に高いことがわかった。低学歴者は極右に走りやすいというのは単純すぎる結論だとしてFTはこれを却下しているが、高学歴者は自らの考えと分析で選挙に臨むのでディベートを避け続けてきたPVV党首ウィルダース氏には投票しないと結論づけている。また英国での国民投票でEU離脱を支持に高齢者が多かったが、オランダでは年齢との相関性は当てはまらないようだ。


2017-03-02

関連記事

今年最も話題となった極右政治家ウィルダース氏は「2016年の政治家」に選出された... 続きを読む ▶
9日、オランダの反移民政策を唱える極右政治家ウィルダース氏の判決が下された。「オ... 続きを読む ▶
外国人への差別や憎悪を扇動した容疑に問われたオランダの極右政党、自由党(PVV ... 続きを読む ▶
日曜日夜に放映された「夏のゲスト(Zomergasten)」という長いインタビュ... 続きを読む ▶
英国民投票でEU離脱派が勝利したことを受け、極右PVV党のウィルダース氏がオラン... 続きを読む ▶
オランダ検察は反イスラム極右政治家のウィルダース氏を差別とモロッコ人に対するヘイ... 続きを読む ▶
オランダの検察当局は、極右政党PVV党(自由党)のウィルダース党首によるモロッコ... 続きを読む ▶