Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ、球根生産者の減少でもチューリップの生産量増加
オランダの球根生産者数は2000年から40%も減少している。2000年から球根生産企業は1100社減り、現在では1600社。しかし、1社あたりの球根栽培農地は8ヘクタールから16ヘクタールへと倍増している。全体の球根生産農地は16%上昇し合計2万6千ヘクタール。

球根生産企業の一社あたりの規模が拡大するとともに、生産球根の種類も変化している。スイセンとグラジオラスを生産する企業は2000年からそれぞれ64%と53%減少。これに対しチューリップ球根の生産企業は47%も増加している。年々耕作地が増えているのは、チューリップのほかに、ユリとヒヤシンス。おそらく消費者の好みを反映しているのであろう。この統計は球根生産の統計で、バラなどの非球根系の花の栽培は含まれていない。

2017-04-21

関連記事

クラシックカー好きにはたまらない「チューリップ・ラリー(Tulpenrallye... 続きを読む ▶
オランダで最も長く美しいチューリップ畑が広がるのは、フレフォラント(Flevol... 続きを読む ▶
世界最大のチューリップの公園「キューケンホフ」は本日3月23日から一般公開される... 続きを読む ▶
オランダではそろそろ球根から芽が出始めている。アムステルダムのダム広場ではチュー... 続きを読む ▶
17世紀の初め、オランダ人商人がトルコのオットーマン帝国から輸入して以来、黄金時... 続きを読む ▶
オランダで最も有名な花の公園キューケンホフは3月23日から一般に公開されます。チ... 続きを読む ▶
キューケンホフはすでに行ったという人にはこのチューリップ・ルートがお勧めである。... 続きを読む ▶