Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ投資目的住宅購入の増大、不動産価格と家賃の価格をさらに押し上げる
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的に低い金利があると言われてきたが、投資目的での購入増加も一因である。ある投資者向け不動産会社の顧客の半分はローンなしの現金で購入しているという。この傾向は金融危機のころから始まっている。この不動産会社が話した最近の例では、アムステルダムの中心街からはずれたバーシェス地区(かつては低価格地区)にある55平米の部屋を外国人に月々1725ユーロ(20万円)で貸している。購入価格は31万ユーロ(約3800万円)だったのでざっと年額7.5%のリターンである。

オランダ中央銀行の調査でも、6件に1件はローンを組まずに住宅を購入している。アムステルダムに関してはこれが4件に1件とさらに高くなる。この傾向は個人の不動産投資市場の拡大と大きく関係している。とくにアムステルダムとマーストリヒトでは賃貸住宅の極端な不足が問題化しており、これに目をつけた投資家が賃貸用に不動産購入をしているのだ。昨今の低金利で銀行預金は全く魅力を失ったのも、この不動産投資熱に拍車をかけている。
しばらくは、不動産価格と賃貸価格の上昇は続くとみられる。
2017-05-10

関連記事

オランダ国内の不動産価格がさらに上昇している。昨年比較で平均9%という上昇率だ。... 続きを読む ▶
不動産市場の購買熱はまだまだ続いているが、昨年アムステルダム、ハーグ、ロッテルダ... 続きを読む ▶
オランダの住宅用不動産市場はますますバブル化の様相を示している。売り手市場は顕著... 続きを読む ▶
オランダ人は寄付好きだが、不況時はやはり財布のひもは固かった。昨年から景気が回復... 続きを読む ▶
値上がりが続くオランダの不動産市場、2016年の第2四半期(4月−6月)には過去... 続きを読む ▶
オランダの首都アムステルダムでは、ここ数年不動産価格上昇がうなぎのぼりである。こ... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格は上昇を続けている。夏休みに入り通常は動きの少ない不動産市場... 続きを読む ▶