ニュース

ロンドン行き直行列車「ユーロスター」がアムステルダムに延長、新ターミナル建設へ
オランダから鉄道でロンドンに行くには、ベルギーのブリュッセルまで行き、そこから特急列車ユーロスターに乗り換えねばならなかったが、今年12月からはアムステルダム中央駅から直接ユーロスターに乗車できるようになる。
当初は1日2本、アムステルダム発、スキポール空港、ロッテルダムに停止し、ブリュッセルを経由しロンドンまで、直行列車が運行する。アムステルダム中央駅からロンドンまでは4時間9分が計画されている。

このロンドン行のユーロスター用には別途特別なターミナル建設が必要となる。イギリスがEUを脱退するために、ユーロスターは欧州域外向けの列車となり、ターミナルでは空港と同じ出国管理や荷物のチェックが義務付けられる。

NSインターナショナルと建築を担当するベンテム・クラウェル氏によれば、ターミナルはプラットフォーム15Bの東側に建設される。出入国管理とセキュリティチェック・エリアの他に、待合室が設けられるが、ここには窓が多く設置され、アイ湾の素晴らしい光景を楽しめるという。

ユーロスター列車が停車するロッテルダムやスキポールでも同様なターミナル建設が必要となる。ただスキポール空港の地下にある鉄道駅は現状でも手狭なため、ユーロスター専用ターミナルの建設は難しい。このための解決策を模索中だ。


関連記事

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む
オランダ鉄道(NS)はチケットの販売を別会社が行うことに決定した。これによって新規市場の開拓を狙っている。例えば、車のリース会社や旅行会社、あるいはホテルチェーンなどが販売網に入る。

NSのチケットを販売する企業は、NSからチケットを購入し販売価格は独自に決めるというシステムだ。消費者が例えばリース会社のガソリンカード(パス)を持っていたとしたら、そのカードで列車チケットも変えるようになる。これまでは、NSチケットはHEMA, アルバートハイン、クラウドファットといった小売チェーンでも販売していたが、価格などの条件はNSが決定しており、駅やオンラインで購入するのと変わらなかった。これらの小売店では独自に割引料金で提供することもできなかった。

NSは今回導入する新販売方式で、これまで鉄道を利用したことがない、あるいはたまにしか利用しない人などの新規顧客を獲得しようと計画。これにより年間10万枚のチケットを販売できると目論んでいる。しかしながら、利用者増加によって列車の混雑は避けられない。2030年までに40%乗客が増加するとNSは見込んでいる。

オランダ鉄道、世界大戦中のユダヤ人輸送に謝罪し賠償
第二次世界大戦中、オランダから多くのユダヤ人やジプシーがドイツのナチス強制収容所に運ばれ命を落とした。オランダ国内の最終収容地点であるウェスターボルクまでオランダ鉄道NS(当時は国鉄)が収容者を輸送していた。NSはこの責任を認め、約5000人から6000人の生存者に対し、一人あたり15,000ユーロの賠償金を支払うと発表した。未亡人に対しては7500ユーロ、子供には5000ユーロ支払われる。合計金額は数千万ユーロ(数十億円)に達すると見られている。

大戦中オランダはナチスドイツ軍の占領下にあった。昨年から今年にかけ、当時のナチスドイツが行ったホロコーストにおけるユダヤ人やジプシーなどの輸送責任に関する広範囲そして詳細な調査が行われ、この結果オランダ鉄道は責任の一端を担うことが明らかとなった。オランダ鉄道はオランダ国内の数十箇所の駅から11万人をウェスターボルクに送った。そこから収容者は最終地点であるアウシュビッツやソビボル収容所へと向かい、生還したのは5000人に満たなかった。オランダ鉄道はナチスドイツの依頼でメッペルからフローニンゲンに向かう鉄道をウェスターボルクまで延長する工事も行っていた。ドイツの命令によるものであったものの、一度もこれに対し反対の意を表しなかった上、当時の金額で250万ギルダーの利益を得ていた。

オランダ鉄道は2005年にホロコーストにおける罪を認め謝罪していたが、補償金に関しては触れなかった。しかし昨年生存者のひとりサロ・ミュラー氏がこれを取り上げ、調査が開始されることになったもの。フランス政府もすでに同様な補償金を支払っている。

オランダ鉄道、ホロコーストの被害者遺族に賠償
オランダ鉄道(NS)は、第二次世界大戦中ユダヤ人などが犠牲になったホロコーストの被害者の存命者や遺族に対し賠償金を支払うと発表した。特別委員会がNSを道徳的な立場から賠償金の責任について調査し賠償支払いにを進めるという。NSは当時、オランダを占領していたドイツ軍の命令でユダヤ人を国境のウェストボルク収容所まで運び利益を得ていた。今回の報道発表で「大戦中のユダヤ人輸送は弊社の歴史の中で、暗黒の歴史であり目をそらすべきではない。」と述べている。

NSの今回の決定をもたらしたのは、サッカーチーム・アヤックスの元理学療養士サロ・ムラー氏との話し合いだという。ホロコーストの生き残りであるサロ・ムラー氏は、NSがユダヤ人輸送で数百万ギルダーを稼いでいたと非難していた。ムラー氏もNS側も長い裁判を避け、委員会による解決方法の模索を希望。今後どのように個人への賠償が支払われるか決定する。

オランダ鉄道、ラッシュアワーを避けると割引
オランダ鉄道(NS)は、ラッシュアワーを避けた乗車券を割引することでラッシュアワー時の大混雑を緩和できるとし、これを実施したい意向だ。過去3ヶ月間朝7:30−8:30のラッシュアワーを避けて乗車すれば割引を受けるという試験的な試みに2万2千人が参加した。この試験期間中、朝のラッシュアワーに列車に乗る人が5.5%減少した。とくに一番の混雑時である朝8時では10%も乗客が減るという結果が出ている。

ただしこの割引分の予算はNSにはないため、政府へ特別予算として計上するよう求めている。インフラ関連の副大臣であるファン・フェルトホーフェン氏は、このテスト結果を非常に「興味深い」とコメントしており、実施を前提に調査を進めるとしている。しかしながらNSが要求している3500万ユーロにはまだ合意に至っていない。

オランダのラッシュアワー時は座れずに立っている乗客が目立つが日本のすし詰め状態とは比較にならない。それでも座れないというクレームは多く、NSは対策を練っている。

航空会社KLMとオランダ鉄道「欧州内の移動は鉄道を!」
「欧州内の移動は飛行機ではなく鉄道を!」とKLMとオランダ鉄道NSのトップが水曜日国会にて提唱した。環境そしてスキポール空港にやさしい、というのがその背景にある。
現在、欧州内の移動は航空機の利用のほうが速くて安いため列車の利用が少ない。KLMとNSは、ロンドン、パリそしてベルリンへの列車運行をより速く安くすべく、オランダ政府は列車と飛行機での交通の競合を図るべきだと国会にて陳述した。これはCO2排気ガスを減らすための環境保全という目的もあるが、オランダの経済にもプラスであると両者は述べている。

公聴会ではとくにオランダからブラッセル向けのインターシティ(急行列車)そしてロンドンへのユーロスターの改善を要求。火曜日にはベルリン向けの列車運行改善への嘆願署名15,000件を国会が受理している。

スキポール空港の混雑も大きな問題となっている。現在すでに年間50万の離着陸があり2020年には飽和状態となると予想されている。このうち750km以内の近距離輸送は1日750便。KLMは、スキポール空港では大陸間輸送に集約し、欧州内の運行は制限したい意向である。