ニュース

15日から欧州内の携帯ローミング料撤廃に
欧州連合(EU)加盟国の携帯電話利用者は2017年6月15日から、EU域内の他国にいる間もローミング料なしで通信サービスを利用できるようになる。これまでオランダで携帯プロバイダーを利用していた場合は、欧州内の他国での利用にはローミング使用料が課せられていた。15日からは、域内で携帯電話通話、インターネット、SMS通信はローミング料金が課せられず国内料金で利用できる。

ただしオランダ内で無制限のインターネット利用契約があっても、国外では上限がある(数ギガバイト)場合もある。EU内でローミング料金を廃止する動きは数年前からあり、今年の6月を撤廃目的としていた。しかしこれまで料金水準が低い国の通信事業者からは、強い抗議の声が上がっていた。料金差を利用して得をしようとする人が出るとの懸念からだ。料金水準が低い国でプリペイドSIMカードを購入して、料金水準が高い国で再販するという商売が出てくるのを防ぐために、国内ネットワークで一定の使用量のサービスを購入して利用してからでないと、SIMカードを国外のローミングで使えないという要件を通信事業者が設けることも認めている。

いずれにせよ、出張や休暇で欧州他国に出かける場合も料金を気にせずに携帯を利用できるようになる。


関連記事

オランダ、7月1日から自転車での携帯電話使用禁止に
オランダの交通法61条が7月1日から自転車にも拡張される。この法律は、車両、バイク、身障者用乗り物運転中での携帯電話操作を禁止するもので、本日からはこれが自転車そして路面電車(トラム)の運転者にも適用される。さらに「携帯電話」が「携帯電子機器」へと変更され、タブレットや他の電子機器にも拡大解釈される。罰金は16歳以上では95ユーロ。16歳未満は半額である。

運転中のアプリの使用が禁止となるが、グーグルマップなどのナビの使用や携帯電話での通話はどうなのか?これらも実際には全面禁止である。ただし、ナビが固定されている場合は問題ない。また通話もハンズフリーなら許可されている。ハンズフリーの場合も、イヤフォンは右耳に入れるのがいいという。左耳は空けておいて車などの交通音が聞こえるのが望ましいらしい。

自転車が体の一部になっているオランダ人にとって両手離しで携帯をいじるのは朝飯前。しかし車両や歩行者にとっては脅威であり、事故も多いためこの法律施行となった。
(画像:NRC)


オランダ固定・携帯電話3時間障害発生、緊急連絡番号も通じず混乱
昨日の午後、16:00-19:30の間、オランダ全土でKPNの電話網がサービス中断し、固定電話・携帯電話とも通信不能に陥った。警察・病院・消防などの緊急電話番号の112も通じず混乱に陥った。故障の原因はまだ明らかにされていないが、通信担当大臣は「このような障害はあってはならないこと。」とKPNに通達した。

インターネットは問題なく作動していたので、一般の通信は電話の代わりにアプリなどを使用する人が多かったが、緊急電話112への連絡は深刻な問題でソーシャル・ネットワーク上で情報が交錯した。一部の人は「NL-Alert」という緊急連絡でこの故障に関する連絡が携帯に入ってきたが、全員ではなかった。

KPNは緊急に「112」の代わりの番号をいくつか用意したが、アムステルダムでは急病のための番号020-6212121を、警察では同じ番号を緊急用は1を押しと緊急でない場合に2を押すなど、統一がとれていなかった。さらに「NL-Alert」がこの電話番号を流したことで、混乱はさらに深まった。その後さらに新しい番号が流れ、混乱はようやく鎮静にむかった。KPNによれば4Gネットワーク上の問題だというが、詳細は発表されていない。緊急番号につながらなかったことで命に関わった人がいるかなどはまだ調査中。警察は警官を全員街頭に立たせたり、救急車もいたるところに配置し、非常時には直接に連絡が取れるようにするなど対処していた。

ING銀行、やっとお財布携帯のアップルペイを導入か
オランダ大手金融INGは近い将来に携帯支払い(お財布携帯)システムのひとつであるアップル・ペイ(Apple Pay)をオランダに導入すると発表した。ただしいつから開始され、どのショップで利用できるかなどの詳細は同社のウェブページには記載されていない。アップル・ペイとは、iPhoneやApple Watchなどのアップル製品をかざすだけで、電車やバスに乗ったり、買物したりできるサービス。アプリのダウンロードなどは特になく、クレジットカードなどを設定するだけという簡単なものだ。

ING銀行のほかに他の銀行もこのアップル・ペイを導入するかは明らかではない。携帯をかざすだけで支払いができるいわゆるお財布携帯システムはアップルのほかにもグーグルのグーグル・ペイやサムスンのサムスン・ペイがあるが、どれもまだオランダでは導入されていない。

オランダは携帯支払い導入が欧州他国から遅れをとっており、今や一番最後の国のひとつになりつつある。

自転車運転中に携帯操作で罰金95ユーロ!
オランダでは自転車走行中にメールやソーシャルメディアを利用する人が驚くほど多い。7月1日からこれが警察に見つかると95ユーロの罰金が課せられることになる。自転車走行中のアプリ使用以外の罰金では、酔っ払い運転で100ユーロ、赤信号無視で95ユーロ、無灯運転で55ユーロとなっている。

自動車の運転中に携帯電話を利用すると、240ユーロという高額な罰金が課せられる。これは自転車運転中よりも他の車や人への損傷が大きいという理由からだ。車の場合には、アプリ使用だけでなく通常の通話でも同様な罰金が課せられている。自転車の場合、携帯電話での通話は合法である。

自転車走行中の携帯電話使用による事故数は明らかではないが、10年前の4%をかなり上回る数字になっているという。
自転車走行は車の運転と違ってあまり取締も厳しくなく違反事項も少ないと思いがちだが、実は違反事項は多い。上記以外にも右左折で腕で方向指示を出さないのは違反で、罰金も35ユーロ。横断歩道やその近くで追い抜きをすると150ユーロの罰金が課せられることを知っている人は少なそうだ。もっと意外なのは、自転車のベル(警音器)が作動しないと35ユーロの罰金!

すべての乗り物で携帯アプリ使用禁止
車はもちろんのこと自転車運転中の携帯電話使用は禁止されているが、今後すべての乗り物での運転中の携帯使用を禁止する法案が提出された。法案は「すべての乗り物での運転中に携帯電話を手にすることを禁止する。」というもの。
自転車やバイクはもちろんのこと、トラムの運転手の携帯利用、そしてハンディキャップの人が使用する乗り物でも携帯の利用は禁止される。車やバイクでは通話のみならずキーを押すアプリの使用も禁止となる。罰金は230ユーロ。ただし停車中での携帯使用は刑罰は課せられない。

この法律は2019年7月1日より施行される。