Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ人、自国の経済に世界で最も楽観的
米国のピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の調査によれば、オランダ人が自国の経済に最も楽観的であることが判明した。オランダに続くのがドイツとスエーデンである。一般に開発途上国は次世代には経済環境はもっとよくなっているはずだと考えている人が多い。

調査では各国民が自国経済を評価したが、オランダは87%、続いてドイツが86%,スイスが84%の国民が好調だと答えている。南欧諸国は往々にして悲観的だ。自国の経済が良い方向にあると評価したスペイン人は28%のみ。フランスは21%、イタリアは15%、そしてギリシアは2%という結果になった。昨年同じ調査では、オランダの経済が良好だと答えた人は62%だったので、1年で25%も上昇している。これに対しイタリアは18%下降。

自国経済に信頼を抱いているのは発展途上国に多く見られる。インド(83%)、フィリピン(78%)、セネガル(76%)と肯定的だ。これに対し、アルゼンチン(23%)、ベネズエラ(20%)、ブラジル(15%)と南米国家は悲観的である。次の世代が今より豊かな経済を謳歌できると考えているのは発展途上国に多い。これに対し、ギリシア、日本、フランス、オーストラリア、カナダ、スペイン、イギリスなどは将来は暗いと感じている。


2017-06-08

関連記事

ABNアムロ銀行の調査によれば、オランダの経済は好調が続いており、ほとんどの業種... 続きを読む ▶
「現在行われているプラスチックごみの分別は環境保全にほとんど寄与していない。」と... 続きを読む ▶
オランダの経済が良好であることを裏付ける2つの統計が20日発表された。 続きを読む ▶
昨年には、オランダで衣料、靴などの小売チェーンがショッピング・ストリートから姿を... 続きを読む ▶
2016年の経済を牽引したと言っても過言ではない不動産市場だが、2017年はこの... 続きを読む ▶
20日(火)の2017年度予算発表で、オランダ経済は順調な伸びを示し、財政赤字も... 続きを読む ▶
「今後オランダが経済発展を続けるには、海外からの優秀な人材確保が不可欠である。」... 続きを読む ▶