Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 欧州医薬品庁(EMA)のアムステルダム移転で、受け入れチーム結成
英国のEU離脱にともない、欧州医薬品庁(EMA)がアムステルダム移転を決定。現在ロンドンに拠点を置くEMAは2019年3月までに900人の従業員の81%がアムステルダムに異動する予定だ。アムステルダム市はすでに従業員およびその家族を受け入れるプロジェクトチームを結成、住宅や学校などの手配を行っている。昨今の住宅難から、チームはインターナショナルスクールがあるライデン、ハーグ、ユトレヒト、アルクマールなどへも手を広げている。

ハーグにはすでに国際機関や大使館が所在するため、外国人居住者の受け入れ体制も整っている。ロンドンでの長い通勤時間に慣れている人にとってはハーグからアムステルダムへの通勤も問題ない、とプロジェクトチームは目算しており、アムステルダムへの集中を避ける計画だ。EMAの本拠はアムステルダムの南駅のあるザイドアス(Zuidas)に3月から建設が始まる。

オランダは英国のEU離脱を機に、ロンドンの金融機関や国際機関、そして企業の欧州本部のオランダへの誘致に力を注いでいる。金融機関はオランダのボーナス規制を嫌いフランクフルトやパリへの移転がほとんどという結果だったが、まだ企業の転入には楽観的だ。しかし、昨今の住宅不足とこれにともなう不動産価格の高騰で、一般市民にとっては両手を上げて歓迎できるというものではないようだ。
2018-01-12

関連記事

交通手段のトップが自転車というオランダ、やはり欧州では最も体を動かす国であること... 続きを読む ▶
28日夜から29日早朝まで続いたEUの28カ国首脳による会談がブラッセルで開催さ... 続きを読む ▶
EU各国のパスポートやビザを持っていれば欧州どこにでも行けるため欲しがる人は多い... 続きを読む ▶
海洋のプラスチック汚染は深刻だ。現在海中や沿岸に浮遊するゴミの85%がプラスチッ... 続きを読む ▶
英国のEU離脱で、ロンドンにあるEUの2機関が欧州各国へと移転するが、欧州医薬品... 続きを読む ▶
中央統計局の調査によると、オランダはEUの中でも生きた昆虫の輸入量が最大であるこ... 続きを読む ▶
日本とEUのEPA(経済連携協定)の交渉は、5日、ベルギーのブリュッセルで行われ... 続きを読む ▶