Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ11ヶ所小規模空港は、人身売買や麻薬輸送の巣窟?
オランダには11ヶ所に小さな空港があるが、管理体制がゆるく人身売買や麻薬取引が行われやすい。国境警備などを担うオランダ王立警察(KMAR)は、出入国管理を厳しくすべきだと提唱している。これらの空港では乗客の管理はほぼ行われていないに等しい。現状パイロットが乗客や乗組員のデータを提出する義務はなく、自由裁量で行われている。警察や税関などもブーダル、テウへ、ホーヘフェーン、ミッデンゼーラントといった小さな空港は、法の目をくぐった犯罪が起きやすいと見ている。他にも同様な犯罪の基地となっているのはバケーションパークやヨットハーバーだという。KMARはこれらの空港などで国境警備を徹底化すべきだとしている。

昨年7月にはオランダの小さな空港から人身売買の被害者である11人のアルバニア人の大人と子供がイギリスへ密航している。さらにイギリスからドイツへ密輸出された60キロのヘロインがアペルドールンに近いテウへ空港で没収されるという事件も起きている。現状では小さな空港は日の出から日の入りまでが開港しているが、日が暮れてからはほぼ無法地帯。許可なしに発着が可能だ。小規模空港は主として自家用飛行機の発着やグライダー、パラグライダーなどに使用されており、自家用機はオランダ国内と近隣諸国が目的地。飛行機の規模はほとんどが12名乗りまでと小型である。
2018-01-16

関連記事

28日(土)夜から29日(朝)にかけて起きたアムステルダム付近の停電でスキポール... 続きを読む ▶
スキポール空港では2週間の間、乗客が事前にセキュリティチェックができるシステムを... 続きを読む ▶
スキポール空港は、荷物なし、あるいは小さな手荷物のみを携帯する人が優先的に手荷物... 続きを読む ▶
アムステルダムの東、フレフォランド州にある空港レリースタットが拡大し、格安航空会... 続きを読む ▶
4月のイースター休暇が始まって以来、アムステルダムのスキポール空港での混雑は悪化... 続きを読む ▶
5月休みで旅行に出る人で先週の金曜日から週末にかけてスキポール空港は混み合ってい... 続きを読む ▶
スキポール空港は拡大を続け発着便数は加速的に増加している。しかし、このままの状態... 続きを読む ▶