Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 安楽死年間8%増加、ますます増える傾向
2017年に実行された安楽死は2016年と比較し8.1%の増加した。登録された6585件のうち12件のみが、決められた手順や基準に沿わなかったもので、99.8%はすべての条件を満たしている。安楽死協会(regionale toetsingscommissies euthanasie )のコーンスタム会長がNRC紙に語ったところによれば、安楽死を選んだ人のほとんどが治癒の見込みのない病気を患っていたり、ガンや心臓病で耐え難い苦しみを訴えていた人である。

12件の「注意を怠った」安楽死のうち半数は医療的処置が不十分だった。たとえば投薬が十分でなく、医師は途中で薬局まで走らなくてはならなかったというケース。ただしこの患者はすでに意識がなかったことが幸いだった。他の注意不足の安楽死例は、安楽死決定時に求められるセカンドオピニオンを出す医師が、担当医と同じ病院で働いていたもの。セカンドオピニオンは必ず中立なものでなくてはならない。

昨年から、認知症の患者に対しても安楽死の可能性が開かれている。しかし、この問題は非常に複雑な要素を含むため、十分な話し合いと検討が必要だとコーンスタム氏。高齢化に伴い、安楽死の申請数はさらに増える傾向だ。医師も安楽死に対する知識が広がるとともに、患者を含む一般の人もこの問題を真剣に捉える人が増えている。



2018-03-08

関連記事

総選挙から5ヶ月、3人目の仲介役を投入後組閣にもやっと光が見えてきたようだ。4党... 続きを読む ▶
オランダには2001年に可決された安楽死法がある。治癒の見込みのない病に冒され、... 続きを読む ▶
重度認知症患者への安楽死の規制が若干緩和されることになった。オランダ保健省および... 続きを読む ▶
オランダで2012年に設立された安楽死を専門に行う「命の診療所 - De Lev... 続きを読む ▶
複数の強姦と殺人の罪で終身刑を受けているベルギーの受刑者、フランク・ファン・デン... 続きを読む ▶
ベルギー下院は木曜日、安楽死の年齢制限を撤廃するという法案を可決した。これまでベ... 続きを読む ▶
小さな子どもが治る見込みのない病気で耐え難く苦しんでいる場合、苦しみを和らげるた... 続きを読む ▶