Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの不動産市場過熱状態が続く。ハーグでは24%上昇
オランダの不動産価格の上昇が止まららない。これまではアムステルダムの不動産市場の過熱が問題となっていたが、ロッテルダムとハーグが勢いを増している。オランダ不動産連盟(NVM)が昨日発表した統計によれば、アムステルダムの年間上昇率は12%、これに対しハーグは24%、ロッテルダムは15%上昇している。オランダ全土平均で10%という上昇率だ。

不動産価格急騰の背景には低金利のみならず住宅の供給不足がある。2018年の第1四半期には昨年同時期に比較して13%も売家が減っている。NVMによれば、住宅を売りたい人が自分が住みたい物件を見つけるまで売却を待つため、供給不足となりこれが悪循環を生んでいる。

都市部では、オランダに住む外国人(駐在者)や個人投資家による購入が急増。特にハーグとロッテルダムでこれが顕著になっている。大都市では4分の1が投資家による購入だと言われている。個人投資家は比較的安い物件を購入し、ローン負担分より高い金額で賃貸。これがさらに物件不足を促進している。NVMは物件不足と新しい住宅の建設の遅れにより現在の不動産価格はさらに上昇を続けると見ている。


2018-04-13

関連記事

オランダ国内の不動産価格がさらに上昇している。昨年比較で平均9%という上昇率だ。... 続きを読む ▶
不動産市場の購買熱はまだまだ続いているが、昨年アムステルダム、ハーグ、ロッテルダ... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶
オランダの住宅用不動産市場はますますバブル化の様相を示している。売り手市場は顕著... 続きを読む ▶
オランダ人は寄付好きだが、不況時はやはり財布のひもは固かった。昨年から景気が回復... 続きを読む ▶
値上がりが続くオランダの不動産市場、2016年の第2四半期(4月−6月)には過去... 続きを読む ▶
オランダの首都アムステルダムでは、ここ数年不動産価格上昇がうなぎのぼりである。こ... 続きを読む ▶