Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの大学、外国人学生数の増加抑制か
オランダの大学は学生数、特に外国人学生の数の増加を抑制する可能性が高そうだ。10日に大学連盟(VSNU)が各大学と話し合った結果をNRC紙が発表した。大学の歳出は学生数とともに増加する一方だが、政府の予算は学生数にかかわらずほぼ一定の水準を続けている。したがって学生一人あたりの予算は減少の一途をたどっている。VSNUは、学生数を減らすことが唯一教育水準を保持する解決法だとし、今回の学生数打ち止めについての合意が行われたもの。

VSNUの決定は来週の月曜日に政府に提出され、削減の詳細も発表される。VSNUによればオランダにある全13の大学の学生数は2013年の25万人から10%増加し、現在では27万5千人。増加数の3分の2は外国からの留学生だ。学部と大学院をあわせた留学生は2013年の3万1千人から4万8千人へと増えている。

しかしながら、外国人留学生はオランダ人よりも授業料が高いため、大学は留学生が多いほど財政的には助かっているはずだ。オランダ人とEU内からの学生の授業料は学部生で年間約2000ユーロだが、EU外からの留学生はこの4倍近く支払う。

これまでオランダの大学は英語での授業を増やしたり、英語のみの学部を作るなどして、積極的に外国人留学生の誘致を行い「国際化」を目指してきた。大学の歳入にはプラスではあるが、国際化が行き過ぎてオランダ語授業の存命危機の声も聞こえ、今後留学生受け入れに関して討論が続けれる見込み。

2018-05-11

関連記事

今年の9月から始まる新学期より、大学と高等専門学校(Hogeschool)で1年... 続きを読む ▶
5月にオランダの大学連盟はオランダで教育を受ける留学生数をこれ以上増やさないとい... 続きを読む ▶
医療費削減を目的とし、オランダの8大学病院医師協会(NFU)は、治療効果のないと... 続きを読む ▶
インクジェット・プリンターは、カートリッジを頻繁に変えるため、お金がかかるだけで... 続きを読む ▶
オランダの大学での授業の半数以上(60%)が英語で行われていることが、フォルクス... 続きを読む ▶
ローマ時代の将軍ジュリアス・シーザーは、紀元前55年にオランダの南部オス市のケッ... 続きを読む ▶
オランダのユトレヒト大学メディカルセンター(UMC )が開発した新しい肝臓がん治... 続きを読む ▶