Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダからイワツバメが激減。原因は昆虫の減少
鳥類保護団体はオランダのイワツバメの数が激減していると発表した。家の軒先などに巣を作るイワツバメについてはまだあまり知られていないため、同団体はボランティアとともにこの減少について調査している。白い腹と黒い羽で猛スピードで飛び回るこのイワツバメは、飛ぶシャチとも呼ばれているが、鳥類保護団体によれば1970年から80%も減少している。「この減少は景観や環境の健康状態を的確に反映しているものだ。」と調査を共同で行っているソボン鳥類研究所。

減少の大きな原因のひとつにエサ不足があるという。ツバメのエサとなる虫が減っているのだ。この調査の前にもオランダの自然保護団体は国内の昆虫の深刻な減少を指摘している。「少し前には運転すると車のフロントガラスにべったりと羽虫がついていたが、気がつくと最近ではほとんどつかない。」昆虫が生息しなくなるということは自然界にとって脅威となることは明確だ。
昆虫を増やすために、農薬の使用を控えたり、農地の周りに花を植えるなど、農業そのものを変えていかねばならない、とソボン研究所。

2018-05-24

関連記事

オランダの教会やモスク(イスラム寺院)が環境保全に乗り出した。十字架を形どったソ... 続きを読む ▶
二酸化炭素排出量では欧州でも最悪というレッテルを貼られていたオランダは、約4ヶ月... 続きを読む ▶
まだ組閣は完了していないが、オランダ新政府はほぼ方針を固めた。自由民主党(VVD... 続きを読む ▶
「肉、アルコール、清涼飲料の摂取はできる限り減らすべき」と国立衛生・環境研究所(... 続きを読む ▶
2016年は近代史上最も暑い年だった。そして企業トップに対する破格の報酬が問題に... 続きを読む ▶
オランダの消費者情報番組「RADER」で、ホルモンを撹乱させるビスフェノールA(... 続きを読む ▶
オランダ政府と環境・社会団体は60社の「正しい」アパレル企業リストを発表した。衣... 続きを読む ▶