Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの初ニシン解禁、若者のニシン離れも
生ニシンはオランダを代表する食べ物のひとつ。6月13日は新ニシンの解禁日で、まず伝統の競りがスヘーフェニンゲンで行われ一樽78,000ユーロで競り落とされた。この売上は今年は盲導犬協会へ寄付される。そしてこの日、待ちに待った生ニシンが全土で一斉に販売が開始された。ところが、若者はこのオランダの伝統的食べ物である生ニシンにそれほど惹かれないようだ。

オランダ漁業協会(Nederlands Visbureau)の調査によれば、生ニシンを食べるという人の80%以上が50歳以上。生ニシンを食べたことがなかったり、食べず嫌いの若者が多いという。同協会はミレニアム世代に生ニシンを普及させようとキャンペーンを実施している。これまでのように生ニシンだけを食べるのではなく、タコスに入れたり、寿司のネタにするなど工夫をこらし、若い人にも食べやすい方法を考案している。ミレニアム世代は寿司は食べるが生ニシンは敬遠するらしい。

ちなみにオランダで最も食される魚は以下のとおり。
缶詰のマグロ、フィッシュスティック、燻製の鮭、生ニシン、鮭、冷凍のタラ、酢漬けニシン、冷凍の鮭、冷凍のパンガス、燻製のサバ。生ニシンは4位となっている。


2018-06-14

関連記事

オランダ人にとって初荷揚げのニシンは日本の初鰹と同じくらい大事。今年は6月13日... 続きを読む ▶
発行部数ではオランダ第2の全国紙である「AD紙」は、毎年生ニシン(ハーリング)や... 続きを読む ▶
オランダの初夏の風物詩である初ニシン。今日13日、スヘーフェニンゲンで最初の競り... 続きを読む ▶
オランダ人にとって初荷揚げのニシンは日本の初鰹と同じくらい大事。今年は6月17日... 続きを読む ▶
昨日14日午後、ホランス・ニューウェと呼ばれるニシンの初荷が、ハーグのそばの港町... 続きを読む ▶
初ニシンは、5月中旬から6月末にかけて捕獲される。これより早くとれたニシンは痩せ... 続きを読む ▶
オランダの日刊紙「AD」紙が毎年行っている、生ニシン・テストで今年トップに選ばれ... 続きを読む ▶