Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 世界大都市で不動産価格下降現象、アムステルダムも波に乗るか?
ロンドンでは今年の初めに5年続いた不動産価格上昇(53%)に終止符が打たれ、昨年同時期比の1%減を記録した。ストックホルム、シドニー、メルボルンでも同様に何年も続いた価格上昇がやっと下降へ向かい始めた。ラボ銀行の経済部によれば、アムステルダムもこの傾向に同調する可能性もあるという。

大都市での不動産価格の上昇の足止めには政府の介入が功を奏しているようだ。ロンドンでの不動産価格下降の背景にはセカンドハウスへの不動産譲渡税の大幅値上げがある。これにより投資目的での不動産購入にブレーキがかかった。スエーデンではローン返済規制の厳格化、カナダやオーストリアではローンの上限規制などを導入した。

アムステルダムの不動産価格の上昇は異常ともいえ、過去5年間で72%も上がっている。オランダ全土でも平均30%の上昇だ。当然アムステルダムでも、新築の不動産では自分で住むことを義務付けるなど、投資家による不動産購入をできるだけ防ぐ措置を講じている。

アムステルダムの不動産価格上昇には、地方からの首都へ移住増加だけでなく、内外の投資家による投資そして海外からの赴任者の増加による住宅市場の加熱化が原因となっている。特に投資目的の不動産購入は増える一方だ。先の下降現象の予想とは裏腹に、ロンドンなどの大都市の不動産価格下降により、投資家がアムステルダムに目を向け不動産価格がさらに上昇するというシナリオもあると見る向きもある。

2018-07-03

関連記事

オランダの不動産価格の上昇が止まららない。これまではアムステルダムの不動産市場の... 続きを読む ▶
オランダ国内の不動産価格がさらに上昇している。昨年比較で平均9%という上昇率だ。... 続きを読む ▶
不動産市場の購買熱はまだまだ続いているが、昨年アムステルダム、ハーグ、ロッテルダ... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶
オランダの住宅用不動産市場はますますバブル化の様相を示している。売り手市場は顕著... 続きを読む ▶
オランダ人は寄付好きだが、不況時はやはり財布のひもは固かった。昨年から景気が回復... 続きを読む ▶
値上がりが続くオランダの不動産市場、2016年の第2四半期(4月−6月)には過去... 続きを読む ▶