Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダでブロイラー鶏が減少、「優しい飼育」で育つ鶏が増加
オランダでは数億羽の食用鶏が飼育されているが、その飼育環境がここ数年改善されてきている。一羽あたりのスペースも増え、夜も暗くしストレスを減少させ、動けないための足の損傷も減っている。短期間で急速に成長させる狙いで飼育されているブロイラー鶏の飼育環境に、2011年ごろから大きな批判があがっていた。当時ブロイラー鶏は生産される食用鶏の93%に上っていた。生産性を追求するために、合理化された大規模な密閉型の鶏舎の中に収容され、ホルモンや抗生物質が定期的に投与されるブロイラー鶏は、食肉用動物虐待に反対する団体「Wakker Dier」の攻撃の的となった。「Wakker Dier」がテレビやポスターなどで大掛かりなキャンペーンを繰り広げたことで、鶏飼育業界も変わってきた。2011年にはこの品種は数%に過ぎなかったゆっくりと育つ品種が、現在約30%に増加している。。ブロイラー鶏が6週間で食肉用に育つのに対し、この品種は7−13週間で成長する。さらにこの品種は病気になる可能性も低い。

動物福祉団体は10年前から食肉に「飼育環境のいい肉」認定マーク(Beter Leven - Keurmerk)を導入している。この認定マークはビオ(オーガニック)マークほど厳しく生産費用の高いものではないが、その代用として普及してきている。「Wakker Dier」がブロイラー鶏をやり玉にあげてからというもの、スーパーマーケットも「飼育環境のいい肉」の普及に取り組んできた結果である。オランダ政府やEUの基準もこれに拍車をかけた。
オランダで消費される鶏の大半は、ブロイラー以外の「やさしい飼育環境」の鶏に変わった。しかし生産される食用鶏の70%はいまだにブロイラーで、これは主として輸出されている。


2018-08-20

関連記事

身動きの取れないような狭く日光の当たらない空間で嘴を切り取られるという最悪な飼育... 続きを読む ▶