Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News アムステルダム中央駅の刺傷事件、テロの可能性
アムステルダムの中央駅で8月31日、男が近くにいた2人を刃物で刺し重傷を負わせた事件を捜査していた警察は9月2日、容疑者はドイツの在留許可証を持つアフガニスタン人(19)で、被害者2人は米国人旅行者であったと発表した。ジャウェド・Sという名のアフガニスタン人はドイツでの滞在許可を持っていた。事件の動機はまだ明らかではないが、オランダ警察はドイツ警察と連携し捜査を進めている。先日問題化した極右政治家ウィルダース氏が計画していた「ムハンマドの風刺画コンテスト」に関係するものであったかはまだわかっていない。

ドイツ警察は容疑者の家宅捜索を行ったがその結果はまだ発表されていない。オランダ警察によれば容疑者はイスラム過激派のリストには載っておらず、単独で今回の事件を起こしたとみられるという。「国家テロと安全当局」はツイッターにて「今回の事件でもテロ脅威度は以前と変わらずレベル4−5
に留まる」と発表している。

2018-09-02

関連記事

地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している... 続きを読む ▶
オランダ警察は27日、銃や爆発物を使った大規模なテロ攻撃を計画していたとして7人... 続きを読む ▶
8月31日にアムステルダム中央駅で起きたアフガニスタン人(19)による刺傷事件は... 続きを読む ▶
オランダの中学、高等学校の4分の1は、学校旅行の行き先に過去テロのあった都市は避... 続きを読む ▶
「オランダの情報・諜報機関である情報安全局(AIVD)は過去6年間に4件のテロの... 続きを読む ▶
水曜日夜、ロッテルダムのコンサート会場「マースシロ」の付近でバンを運転していたス... 続きを読む ▶
23日、ロッテルダムで開催予定のロックコンサートがテロ攻撃の懸念で中止された。先... 続きを読む ▶