Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの年金システム世界首位に
世界大手の人事・組織コンサルティング会社マーサーは、2018年度グローバル年金指数ランキング「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数」レポートとランキングを発表した。ランキング首位はオランダ(総合指数80.3)で、2012年より6年連続で首位を堅持したデンマークをわずか0.1ポイント差で抜いた。オランダの年金システム自体はここ数年変わっていないが、経済成長や低失業率といった年金以外の要素でデンマークを抜いたものと見られる。

評価指数は40以上の項目から構成され、それぞれ「十分性 」、「持続性 」、「健全性」に大別され、34ヵ国の年金制度を検証している。これにより、異なる背景や文化において運営される多種多様な年金制度の国際比較が可能となるという。オランダは「十分性」「持続性」「健全性」のすべての分野で抜き出ている。さらに所得と年金の比(代替比)は101%と世界でも稀な高さである。

マーサーのオランダ担当者によれば、ポイントが高いからといってオランダの年金システムの改良が必要でないというわけではないとコメントしている。オランダの年金制度は複雑で選択の余地が少ない。さらに個人事業主やフレックスワーカーの増加や高齢化、そして低金利といった問題に直面している。また、他国との比較で優れているという数字が出ているもの、オランダの住民は潤沢な年金を受け取っていた過去と比較しその「悪化」に批判的である。

ちなみに2018年の日本の年金制度の総合指数は48.2(過去最高値)で34か国中29位、総合評価はDであった。


2018-10-23

関連記事

3月15日に行わられる総選挙前の党首による第一回討論会が、アムステルダムのカレ劇... 続きを読む ▶
オランダの2つの年金基金がアムステルダムの「飾り窓地区(レッドライト・エリア)」... 続きを読む ▶
保険会社アリアンツの調査「退職後の収入妥当性指数 Retirement Inco... 続きを読む ▶
オランダ最大の年金基金運用会社APGは海上風力発電ファームに投資する意向があると... 続きを読む ▶
14日水曜日、オランダ下院は欧州委員会が提案している欧州共通の年金計画にイエロー... 続きを読む ▶
オランダ最大の年金基金ABP(公務員年金)は所有していた東電株をすべて売却したと... 続きを読む ▶