Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News アムステルダムのオフィス価格増加幅、世界で最も高く
アムステルダムのオフィス価格(賃料ではなく購入価格)の増加率は海外諸国のそれと比べ最も高い。今年の第3四半期には27.4%も上がっている。続いて上げ幅が大きいのがマドリードで18.5%、そしてベルリン(15.9%)とミラノ(13.9%)となっている。

とはいえアムステルダムのオフィス価格は、パリやロンドンと比較しまだ低い。ロンドンではアムステルダムの3−4倍という価格であるう。アムステルダム南駅のあるザウダス(Zuidas)地区の家賃は年間平米あたり平均400ユーロとなっている。

投資家はこの高値に嫌気をさし、アムステルダム以外での物件に目をつけている。ロッテルダムの利回りは5%、これに比較しアムステルダムは3.5%だ。このほかアイントホーフェン、デン・ボッシュ、そしてアーネムが投資家に人気である。賃貸する企業のほうも、アムステルダムのザウダス地域から離れ、家賃が約半額であるスローターダイクに越すなど外部へと広がっている。

2018-10-24

関連記事

ロンドンでは今年の初めに5年続いた不動産価格上昇(53%)に終止符が打たれ、昨年... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格の上昇が止まららない。これまではアムステルダムの不動産市場の... 続きを読む ▶
オランダ国内の不動産価格がさらに上昇している。昨年比較で平均9%という上昇率だ。... 続きを読む ▶
不動産市場の購買熱はまだまだ続いているが、昨年アムステルダム、ハーグ、ロッテルダ... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶
オランダの住宅用不動産市場はますますバブル化の様相を示している。売り手市場は顕著... 続きを読む ▶
オランダ人は寄付好きだが、不況時はやはり財布のひもは固かった。昨年から景気が回復... 続きを読む ▶