Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 反ズワルトピート団体、人種差別裁判で敗訴
オランダの冬の風物詩であるシンタクラース祭。赤い服を着たシンタクラースに付き添うのは顔を炭で塗り、真っ赤な唇と大きなイヤリングをつけた黒人の従者(ズワルトピートZwart Piet)たちである。このオランダの伝統行事に対し、黒人を奴隷扱いする人種差別だとして反対を表明する人がここ数年増えてきた。また国連の人種差別撤廃委員会も2015年にこの問題を指摘し、オランダ政府に対し廃止を検討するよう求めている。しかしながらオランダ政府は各市町村に決定を委ねるのみで、積極的な話し合いは行っていない。

今年はオランダ北部の風車が並ぶザーンセ・スカンスがシンタクラースの上陸地点となるが、この地で反ズワルトピートを唱える団体「マジョリティ・パースペクティブ」が政府やザーンセ・スカンスのあるザーンダム市などを相手に訴訟を開始した。14日、ハーレムの地方裁判所で「ザーンダムから行進するズワルトピートは、外見を変更する必要はない」という判決を発表、「マジョリティ・パースペクティブ」の敗訴が決定した。判決は人種差別という観点には触れず、反ズワルトピート団体が訴訟相手のザーンダム市との間に事前の話し合いをもたずに突然訴訟に出たというのが、訴えを退ける理由となった。ただし判事は判決のあと「表現の自由」を尊重したと述べている。

ザーンダム市は判決前にすでにピートの外見を変更したと語っている。これまでも他の市町村で典型的な黒人奴隷を彷彿させる外見をとりやめているところも出ている。国民の間でも伝統を守るべきだとする人たちと、人種差別の典型であるズワルトピートは廃止すべきだという意見が二分している。

2018-11-15

関連記事

12月5日は子どもたちがシンタクラースからプレゼントをもらう日。親はプレゼントの... 続きを読む ▶
先週末、オランダ全土でシンタクラースの行進が催されたが、いくつかの都市で行進を妨... 続きを読む ▶
シンタクラース(聖ニコラウス)は、オランダの子供たちにとってとても大事なお祭りで... 続きを読む ▶
12月5日はシンタクラース祭の前夜祭。オランダではクリスマス以上に盛り上がる日だ... 続きを読む ▶
11月12日にオランダに上陸するシンタクラースとその従者ズワルトピート。このズワ... 続きを読む ▶
シンタクラース(聖ニコラウス)は、オランダの子供たちにとってとても大事なお祭りで... 続きを読む ▶
世界中で活躍するピアニストそしてアーティストである向井山朋子のコンサートがシンタ... 続きを読む ▶