Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News シンタクラースがやってくる(11月17日、18日)
シンタクラース(聖ニコラウス)は、オランダの子供たちにとってとても大事なお祭りである。 この聖人は、毎年11月中旬ピートと呼ばれる従者を伴い、プレゼントを乗せた蒸気船に乗って、オランダにやってくる。子供達は、煙突や裏口に自分の靴を置いておく。夜中シンタクラースは白馬に乗り、屋根から屋根へ移動しながら、子供達の靴に贈り物を入れて行く。暗くて長い冬、毎朝靴の中に小さなプレゼントをワクワクしながら見つけるのがオランダの子どもたちの楽しみである。そうして12月5日はシンタクラースの誕生日、この日は家族でプレゼントや詩の交換が行われる。

今年は11月17日にザーンダムに近いザーンセ・スカンス上陸する。その後、各地で行進する。一番大きなイベントとなるアムステルダムにボートが着くのは18日。海洋博物館に上陸後12時から町を行進する。

オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月5日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったと言われている。

2018-11-16

関連記事

12月5日は子どもたちがシンタクラースからプレゼントをもらう日。親はプレゼントの... 続きを読む ▶
先週末、オランダ全土でシンタクラースの行進が催されたが、いくつかの都市で行進を妨... 続きを読む ▶
12月5日はシンタクラース祭の前夜祭。オランダではクリスマス以上に盛り上がる日だ... 続きを読む ▶
11月12日にオランダに上陸するシンタクラースとその従者ズワルトピート。このズワ... 続きを読む ▶
シンタクラース(聖ニコラウス)は、オランダの子供たちにとってとても大事なお祭りで... 続きを読む ▶
世界中で活躍するピアニストそしてアーティストである向井山朋子のコンサートがシンタ... 続きを読む ▶
オランダの冬の風物詩であるシンタクラース(聖ニコラス)のお祭りに登場する、顔を真... 続きを読む ▶