Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ人口増加
少子化で人口減少に悩む日本とは逆にオランダでは人口が増加している。総人口は1730万人となり2018年だけで10万人増加したと中央統計局CBSは伝えている。とくにランドスタットと呼ばれるアムステルダム、ハーグ、ロッテルダムなどの都市を含む西部での人口が増加している。人口増加の要因は出生による自然増加だけでなく移住者の増加が主となっており、中でもポーランドやインドからの人口流入が多数を占める。

ランドスタットでは仕事や勉強のためにオランダにやってくる移住者が人口増に貢献しているが、ユトレヒトでは自然増加が要因となっている。とくに家族を持つ人は市から離れず留まる傾向が強い。これに対しアムステルダムでは、子供のいる家庭が市を離れる傾向がある。アムステルダムへの移住者は約1万人と最大である。さらにアムステルダム周辺の住宅建設が進むハーレマー地域で4.5%増を記録している。このほとんどがアムステルダムからの移動である。

移住者を見ると、2015年と2016年ではシリアなどからの難民が多かったが、現在では東欧とインドからの移住者が大半を締めている。インドからの移住者はほとんどが高学歴者でIT関連企業に勤務する人たちで、アムステルダム、アムステルフェーン、そしてアイントホーフェンに多く住んでいる。


2019-01-02

関連記事

オランダの人口は増加が続いており、第3四半期までで今年は8万人増加した。中央統計... 続きを読む ▶
オランダでも日本や他の先進国と同様少子化が進んでいる。2017年第一四半期には亡... 続きを読む ▶
人口減少に悩む日本とは対照的に、オランダの人口は3月21日には1700万人を超え... 続きを読む ▶
オランダ中央統計局(CBS)が18日に発表した報告によれば、来年の前半にはオラン... 続きを読む ▶